オフィスの整理整頓

整理整頓の力(ちから)┃勉強会

 

デスクワーカー(事務職)の整理整頓

先日、担当した団体さまでの勉強会

事務職の方が対象でしたので
デスク周りや収納什器の、備品や書類の整理整頓についてお話ししました。

 

最初に、職場において困っていることをお伺いしたんです。

そうしたら「分かる~」「いるいる~」がいっぱい出てきました。

 

わたしが個人的にツボったのが
ボールペンあるある。

どのネタも「分かる~」たったのですが、特にニヤニヤして聞いていたのは

3色ボールペンの、1色を使い切ったけど、残り2色は使えるから持っている。
でも結局、使い切ったあの1色を使いたくて、手に取るけど「そうだ、使い切っていたんだ」パターン。

 

もしかして「分かる~」と思っていませんか?

わたしは「コレやっている人、身近にいるいる~」と思いながら、ニヤニヤ聞いていました。

 

デスクワーカーあるあるを
まずは認識し合うところからスタートしました。

 

 

【勉強会】整理整頓の力(ちから)
仕組み作りで探し物をしないオフィスへ

前半は

* 整理整頓されていないことから起こる行動
* それが引き起こすデメリット
* 「捨てないで!まずワケル」ペンスタンドを事例に、整理の手順やコツ

 

 

後半は

* 仕組み作りのコツ、事例
* 自分にとってのやりやすさ、進め方

 

ファイルボックス各種
見出し付きクリアファイルなどを紹介

 

 

ご感想
(趣旨を損なわない範囲で要約) 

* すぐに片付けたい!と思った
* 捨てないでワケルから始めます
* あっという間だった
* 分かりやすかった
* もっと聞きたい

 

 

やりやすい方法を試す

アンケートの回答で多かった中に『やりやすい方法を試そうと思った』がありました。

 

長年、片付けられない人生だったわたしが、整理整頓の大切さに気がつき、実践し始めたとき、スムーズには進みませんでした。

整理整頓の本などを読んで、知識を得ても、実践となるとナカナカ…

「コレが出来ないから困っているんだよ!」って、本に向かって逆ギレする始末

 

それでも、いろいろ試すうちに分かったんです。

『自分にとって、やりやすい(合う)方法』と、やりにくい(合わない)方法があるってことに。

それが分かってからは、どんなに世の中がオススメしていても、自分に合わない方法は、迷わず切り捨てて行きました。

そして、あまり効率がよくない方法でも、自分に合うやり方だけ取り入れました。

結果、どんどんキレイになっていき、仕事がスムーズに感じるようになっていました。

 

わたしがお願いしたいのは、ネガティブな感情を抱きながら、整理整頓をしないでほしい、ということです。

合わないやり方で、憂鬱に整理整頓するくらいなら、ご機嫌にできる仕事をしてください。

 

そんなこと言っていたら、一生、整理整頓する日が来ない?

でもそれが困らない範囲なら、それでOK!そこに罪悪感を持たなくて大丈夫です。

変に完璧を求める思いは、捨てちゃいましょう!

 

「いやいや、困っています」「支障をきたしています」というのなら

カタシカタが、力(ちから)になれます。

 

 


勉強会にご参加くださった皆さま
主催のご担当者さま

貴重な機会をありがとうございました。

 

 

【オフィスの整理整頓サポート】


名刺・デスク周りの整理整頓、社員研修など承っております。
お気軽にお問い合わせください。


カタシカタ代表
くらお

 

【お問い合わせ・お申込み】

banner-contact_03

友だち追加


 

整理整頓という大事な仕事┃研修会

 

女性社員による整理整頓プロジェクト

先日、担当させていただいた企業さまでの研修会

総務系の方からご依頼がある
よくある社員研修とは違うものでした。

 

こちらの企業さまでは、女性が働きやすい環境作りのため
女性社員によるプロジェクトチームが複数あるとのこと。

各チーム、いろいろな角度から改善策を検討されているそうです。

その中のいちチームが、整理整頓をテーマにされており
今回のご縁となりました。

 

チームの方たちからご意見をいただき、事務所内を拝見し、
研修会の内容を作りました。

スライドに使用する画像も、一部ご提供くださり
いつものオリジナルとは違った、スペシャルバージョンとなりました。

 

 

 

【研修会】整理整頓という大事な仕事

前半は

* 整理整頓されていないことから起こる行動
* それが引き起こすデメリット
* 整理整頓した方が良いのは分かっても、そこに立ちはだかる障害など

 

誰もが身に覚えのある「いつか使うかも…」についても
その捉えかた、それを手放した会社の事例などお話ししました。

 


 

そして後半は、やっぱりいつもの

*「捨てないで!まずワケル」
ペンスタンドを事例に、整理の手順やコツ
* 自分にとってのやりやすさ、進め方など

 

 


 

主催の代表の方からのご感想 

セミナー後、すぐにペンスタンドを整理し始めた事務のスタッフがいたり、整理できていない書類や引き出しを見てセミナーを思い出す方もいたり、内容を聞いた方の心に残るセミナーになったのではないかなと思えています。

くらお様の経験談も交えて話して頂き、形式ばっていない血の通った内容で、ご依頼できて本当によかったと思っています。ありがとうございました。

 

 

いつか使うかも… は悪いことではない

長年、片付けられない人生だったわたしは、40歳目前にして
やっと整理整頓の大切さを知ることになりました。

キッカケは、デスク周りの整理整頓で、仕事の効率が見事に上がったからでした。

 

今思うと、当時のわたしのデスク周りには「いつか使うかも…」が溢れていました。

 

作成した案件に対して
上司などから、その説明を求められるシーンがよくありました。

説明下手なわたしは、上司を納得させられず、その案件を戻されることも。

だから、いろいろな資料やデータを身の回りに装備するようになっていきました。

パソコンの中はファイルやフォルダ、デスク周りはプリントした書類で溢れ

自分自信で、持っているモノを把握できていない…

同じ書類を二部三部と持っていたりもしました。

 

でもそれは、決して悪いことではなかったと、今は思います。

それらのモノは、わたしにとっての[備え]だったから。

 

問題なのは、その備えが過剰になること。

本当に大事なモノが埋もれてしまうし、身動きが取りにくくなる。

だから、ほどほどに。

 

食べ過ぎて太るのと同じです。

大事な栄養素以外も摂り過ぎて、脂肪でカラダが重くなってしまう。

だから、ほどほどに。

 

なんでもかんでも捨てろ、ではありません

だって装備品や備えがあると、安心ですもんね。

 

だから、過剰になっている部分だけ、手放す。

もし「手放す」と思えず
「奪われる」と感じるなら

それは、大事な装備品や備えである可能性があります。

 

引っかかりがなく「手放せる」モノなのか
自ら「奪う」という感覚になるモノなのか

必要と過剰のバロメーターにしてみてください。

 


研修会にご参加くださった皆さま
主催のプロジェクトチームの皆さま

貴重な機会をありがとうございました。

 

 

【オフィスの整理整頓サポート】


名刺・デスク周りの整理整頓、社員研修など承っております。
お気軽にお問い合わせください。


カタシカタ代表
くらお

 

【お問い合わせ・お申込み】

banner-contact_03

友だち追加


 

生産的な30分を作りだそう┃研修会

【研修会】生産的な30分を作りだそう
整理・整頓を通じた生産効率向上術

整理整頓されていないことの、弊害や損失を知ったうえで
職場において、どのように整理整頓作業を進めていくか。

何をどうしたら、生産性が向上するのか。

北海道中小企業団体中央会・上川支部さま主催の
当研修会を担当いたしました。


前半は渡部講師

* 整理整頓されていないことから起こる行動
* 職場の簡易診断など


後半はくらお

*「捨てないで!まずワケル」
  ペンスタンドを事例に、整理整頓の手順やコツ
* 特性を意識した目標など

ひとりひとりのタイプにあった方法で

長年、片付けられない人生だったわたしは、40歳目前にして、やっと整理整頓の大切さを知ることになりました。

キッカケは、デスク周りの整理整頓で、仕事の効率が見事に上がったからでした。

大切さを知ってからも、自宅の片付けには手こずりました。

手こずりながら、その道中で拾ったものは

『ジブンのタイプを知る』ということ、

『そのタイプに合ったやり方がある』ということでした。

「まずは全部出す!」というやり方は、わたしには無理でした。

それが分かったから、違うやり方で進めることを選択できました。

わたしと家族は、各々違うタイプだから、同じやり方は、お互いが苦しくなる。

だから、共有スペースに、分かりやすく簡単なルールだけ作りました。

あとは自由。

これで、うまく生活できるようになりました。

職場も同じです。

いろんなタイプの人たちが集まっているから

この方法が上手くいく人もいれば、あの方法なら上手いく人もいる。

それをまず自覚しないと、お互いがストレスの存在になります。

自覚して尊重し合えれば、補い合える強い集合体になります。

『ジブンのやりやすい!』を見つける

『ジブンのやりやすい ≠ 他者のやりやすい』と知る

『共有スペースは、分かりやすく簡単なルール』

小さくても目に見える成功は、そこから大きな波になっていきます。

小さなことから、積み重ねて行きましょう!

ご参加くださった皆さま
主催者さま

ありがとうございました。


研修会の後は、懇親会♪

ビンゴ はリーチのたびに味噌汁が増えるシステム
Instagramより


渡部講師も、研修会の様子をブログで綴っています。

違う視点からのレポートも、ぜひご覧ください。

【オフィスの整理整頓応援キャンペーン】


個別相談・社員研修・整理整頓作業など
承っております。


カタシカタ代表
くらお

【お問い合わせ・お申込み】

banner-contact_03

友だち追加