Blog

後悔の思いを塗りかえる ┃ 長男のお弁当作り

ヤッツケ感、満載で作った
学童保育のお弁当

この春、長男が義務教育を終え、高校に進学しました。

あの辛い辛いツワリ(悪阻)から16年経ったのか…

エチケット袋を片手に握りしめ
いつでも下車できるようドアの近くに立って通勤するシブンに
「わたしは何のために仕事をしているんだっけ?」
と毎日、自問自答していました。

この自問自答は、この後のサラリーマン人生の間に
何度も何度も浮上しました。

長男が保育園のころは、夫とおばあちゃん二人、
送迎サポートのかたなどにお世話になりながら
社会人としてのジブンを何とかコナすことができました。

でも大きく揺さぶられるようになったのは
長男が小学生になってから…

まず最初の揺さぶりは
春休み中の学童保育用のお弁当作り。

入学前から、入学後の給食が始まるまで約2週間、お弁当が必要に。

この時期って、年度替わりで仕事が忙しかったんです。
終電で帰ってきて、家事は洗濯が精一杯
土日も出勤していたので、いつ食材の買い出しに行っていたのか記憶にないんですよね。

この状況にお弁当作りが加わったんです。
しかも、料理が大のニガテで、お弁当なんてさらにハードルが高かったんです。
だから、ただただ温めるだけ系のおかずで埋めるだけでした。

愛情を注ぐなんて余裕は全くなかった。

時計を見て「遅刻しちゃう」と焦りながら
増えた、母としての義務をヤッツケ的にこなしていました。

「わたしは何のために仕事をしているんだっけ?」
この頃は、そう考える余裕すら無かったなぁ。

後悔を塗りかえるための決意

当時、同僚の女性に、お子さんが高校生の方がいたんです。
自宅から遠い高校に通っていたので
その方は、毎朝5時に起きてお弁当を作っているんだそうです。

わたしなんて、たったの2週間でさえ悲鳴をあげていたのに、毎日だなんて…

「わたしは何のために仕事をしているんだっけ?」
その状況になったとき、もう仕事を続ける答えを出す自信がない…
そう思いました。

そして決めました。
長男が中学校を卒業する春に、わたしも退職しよう!

そうじゃなきゃ、3年間ヤッツケ弁当を作ってしまう。
すでに、あの2週間に後悔・反省・虚しさ…いろんな感情が渦巻いていました。

社会人としての人生、母としての人生
このままでは、後者の人生を絶対に悔やむから。

職場にわたしの代わりはイッパイいる。
でも、母はわたし一人
これ以上の仕事なんて無いよね。

自己満足で良い。自己満足がしたい。

ということで、この春からは8年後の退職に備えて
さらに貯金に燃えだしました(笑)

結局、このあとも、たっっっくさんの
「わたしは何のために仕事をしているんだっけ?」
に襲われ

自宅を新築し、長男が転校をすることになったことを機に退職しました。

この決断をしたときは、なかなかの衝動振りでしたが、長年の
「わたしは何のために仕事をしているんだっけ?」
これへの答えは、だいぶ前に出していたんだと思います。

予定より7年繰り上げての退職でした。

そして今、退職するつもりだった年を迎え、お弁当を作りだして2週間
「9年前のヤッツケ弁当を返上するぞ」と、気合だけは十分!
今、何よりもお弁当作りを優先させています。

相変わらず埋めるだけだけど、気合だけはタップリ弁当!
毎朝5時に起きて作っています~

9年前の後悔・反省・虚しさ…
塗りかえられるといいなぁ♪

名刺の整理整頓

そんなんで、仕事のほうは内職!?と言っても過言ではない
作業系に没頭しています。

これはこれで性に合っていて、楽しんでやっています。

名刺整理のご相談はお気軽にどうぞ。

そして
ちょっとした空き時間などで作業できるよ!って方がいらっしゃたら
仕分け作業のお手伝いをお願いしたいです。(もちろん報酬アリです)
こちらもお気軽にお問い合わせください。

【オフィスの整理整頓応援キャンペーン】


個別相談・整理整頓作業など
承っております。


カタシカタ代表
くらお

【お問い合わせ・お申込み】

banner-contact_03
banner-contact_03


 

損をしないための時間の使い方 ┃ 講習会

仕事がデキる人
2タイプ

長年、事務職として勤めてきて、たくさんの上司や同僚を見てきました。

その中には「この人、デキるなぁ」と
仕事ぶりに、憧れと尊敬の眼差しを向けてきた人が、たくさんいます。

あるとき、その人たちに、ある共通点を見つけました。
それは、身の回りが『整理整頓されている』ということ。
デスク周りも、パソコンの中も、名刺も、いちいち何もかも。

これを言うと
「雑然としている人にも、デキる人いるよ~」
と返されることも、よくあります。

そうなんです。
デキる人って、何かと仕事も振られるし
基本、忙しいので、雑然としている人も多いと思います。

そんな中でも、やっぱり『整理整頓されている』人もいる訳で…
今度は、この2タイプを比べてみました。

そしたら、やっぱり見つけちゃいました!
それは、時間の使い方

雑然としているタイプは
ダラダラ残業していたり
ダラダラ打ち合わせしていたり
ダラダラ休憩していたり…

それに対して『整理整頓されている』人は
メリハリがきちんとしていて
残業もするけど、時間を決めてサッと帰る。

無計画にムダな時間を過ごしていない印象なんです。
(個人的な見解です。皆んなが皆んなでは無いと思います)

『整理整頓されている』人って
物理的なモノを通すと、分かりやすく映し出されるだけで
そもそも根本的に、メリハリ癖がついているんだと思います。

だから、モノだけじゃなく、時間だけじゃなく
お金の使い方や、人との付き合い方など
全てにムリムラムダがないんだと思います。

かつて、ダラダラ残業三昧だったわたしは
当時はここまでハッキリ気がついてはいませんでしたが
整理整頓に改善のヒントがある気がして、カタチからマネてみました。

結果、仕事のしやすさに、驚きしかなく…

この目に見える成功が、気持ちや考え方、行動に変化をくれました。
そして、仕事のシカタが変わっていきました。

整理整頓は、見た目を整えることが目的ではありません。

本当の目的を知り、どのように整えていくか、
それを、講習会でお話ししました。

【講習会】損をしないための時間の使い方
整理・整頓を通じた生産性(生産効率)の向上について

整理整頓されていないことの弊害や損失を知ったうえで
職場において、どのように整理整頓作業を進めていくか。
何をどうしたら、生産性が向上するのか。

北海道中小企業団体中央会・道南支部さま主催の
当講習会を担当いたしました。

整理整頓されていないことから生じるデメリットとは。

「捨てないで!まず分ける」ペンスタンドを事例に。


終了後
*大変良かった。
*職場内で捨てられない人がいて…
などの声を聞かせていただきました。

ご参加くださった皆さま
主催者さま

ありがとうございました。


会場が函館だったので
最後は観光で浮かれる♪
Instagramより



【オフィスの整理整頓応援キャンペーン】


個別相談・社員研修・整理整頓作業など
承っております。


カタシカタ代表
くらお

【お問い合わせ・お申込み】

banner-contact_03
banner-contact_03

オススメ講座

【整理収納アドバイザー2級認定講座】

NPO法人ハウスキーピング協会認定
整理収納アドバイザー2級認定講師

渡部夏代(わたなべなつよ)

※この講座は、渡部講師による単独開催です。
(カタシカタの関与はありません)

【お問い合わせ・お申込み】
整活収慣 ~せいかつしゅうかん~


 

整理整頓で残業が減る ┃ セミナーと職員研修を開催

整理整頓がキッカケで
残業が減ったんです

わたしは、かつて慢性的に残業をしていました。

仕事量が多いから仕方ないと思い、一生懸命に残業をしていました。

ひとり身の時代は、それで問題なかったのですが
カワイイ盛りの長男のお迎えを
おばあちゃんや、送迎サポートにお願いすることが増えていき
「このままではダメだ!」と思うようになったんです。

そこで、残業をせず、
スマートに仕事をしている同僚のマネをしてみたんです。

それは、デスク周りと、パソコンの中の整理整頓でした。

もう、仕事のしやすさに、驚きしかありませんでした。

仕事として、必要だから残業をしているつもりでしたが、その中には、どれだけムダが多かったか…

「ムダな動作なのに、仕事をした気になるから厄介だったなぁ」
と、今は振り返ります。

ムダを省き、シンプルに整えることで、仕事の効率があがる。

この目に見える成功が、気持ちや考え方、行動に変化をくれました。

その結果、仕事のシカタが変わっていき、残業が減りました。

整理整頓は、見た目を整えることが目的ではありません。

本当の目的を知り、どのように整えていくか、
それを、セミナーと職員研修で、お話ししました。

オフィスのための
整理整頓セミナー

整理整頓されていないことで生じる『デメリット』に気がつき、

仕事をした気になっている時間を、会社や自分自身の利益に直結する、本当の仕事時間(生産的な時間)に変えていく。

『オフィスのための整理整頓セミナー』を開催しました。
□ 開催日:2018年11月1日・19日
□ 会場:北海道立女性プラザ(かでる2.7内)
□ 講師:整理収納コンサルタント渡部夏代(整活収慣)

講義中の様子

分けるワークの様子

【受講された方のご感想】

1- 全体について

*話しがとても分かりやすく、気持ちが高まった。
*考え方が分かった。
*ワークタイムが楽しかった。
*まずは引き出しからやってみます。
*これをキッカケに身につけたい。
———-
「講師の話しが分かりやすかった」
「皆んなで行ったワークタイムが、良かった!楽しかった!」
というご感想を多くいただきました。


2- イマイチだった点・ご要望

*オフィスの整理について、もっと聞きたかった。
*もっと具体的な収納例を教えてもらえると思った。
———-
ご意見を参考に、見直していきます。

ご参加くださった皆さま
ありがとうございました。

また
当日、急遽参加できなくなった方
参加を検討くださった方

別の機会にお会いできたら嬉しく思います。

整えない弊害と損失に気づく整理整頓レッスン
(職員研修)

整理整頓されていないことの弊害と損失を知ったうえで
職場において、どのように整理整頓作業を進めていくか。

某団体さまで、職員研修を担当しました。

冒頭、会場をほぐす渡部講師

後半、くらおも登場

【受講された方のご感想】

*参考になった。
*楽しく時間があっという間だった。
*これを機に改めたい、早速やってみます。
*整理整頓の大切さが分かった。
*物理的な整頓方法のみで残念だった。

某団体の皆さま
主催の担当部さま

ありがとうございました。

【オフィスの整理整頓応援キャンペーン】


個別相談・社員研修・整理整頓作業など
承っております。


カタシカタ代表
くらお

【お問い合わせ・お申込み】

banner-contact_03
banner-contact_03

オススメ講座

【整理収納アドバイザー2級認定講座】

NPO法人ハウスキーピング協会認定
整理収納アドバイザー2級認定講師

渡部夏代(わたなべなつよ)

※この講座は、渡部講師による単独開催です。
(カタシカタの関与はありません)

【お問い合わせ・お申込み】
整活収慣 ~せいかつしゅうかん~