Blog

片付けとは、検索性を上げること

 

 

探し物のストレスを
やり過ごさない

 

オフィスのお客さま
個人宅のお客さま
共に訴えられることに

「探し物にストレスを感じる」

というのがあります。

 

多くの方は、そのときストレスに感じても

喉元過ぎれば…で
探し物が見つかってしまえば
他の優先事項に目が向きます。

この一見小さいストレスは
積み重なっていくことが
精神衛生上、かなり良くないらしいのです。

(どこかで聞いた話しなので、都市伝説だったらごめんなさい)

 

 

たしかに今思えば
探し物をしていた当時は、我ながら腫れ物でした。

いつもイライラしていて
文句ばっかりで。
(自分が悪いのに…汗)

 

探し物をしなくなった今は
気持ちが
安定しています。

何より、仕事も家事も劇的に効率が良くなり、自信につながりました。

 

小さい一時のストレスを
やり過ごさず
今日から探し物をしない工夫をしてみませんか。

出来そうなこと、少しずつでイイんです。

 

 

片付けで、検索性を上げる

 

「探し物にストレスを感じる」ということは、本当は

「今必要なモノを、すぐ見つけて取り出したい」
ということですよね。

片付けの目的って、いろいろあると思うのですが
誰もに共通するのは、ここだと思うんです。
 

ここをシンプルに考えると
片付けとは[検索性を上げる]ってことなんだと思うんです。

では、どう検索性を上げるのか、いくつか挙げてみます。

 

 

1- 持ち過ぎない


必要なモノと、不必要なモノが混在していると、それだけで検索性は下がります。

100の中から1を探すのと
10の中から1を探すのとなら
後者のほうが楽勝ですよね。

そもそもの検索対象物を減らす(見直す)と、検索しやすくなります。

 

見直してみたら、必要のなくなった古い書類がたくさん…
白いファイルが、まるまる不要で処分できた例

 

2- 連想できる場所に置く


100のこと全部を覚えていないし
わざわざ覚えておく必要もない。

でも、覚えていないモノも
すぐに見つけて取り出したい。
だから、
可能な限り連想しやすい場所に配置します。

 

電話の近くに筆記具を置く。
コンロ下にフライパンを入れる。

これらは自然にやりますよね。
なぜなら、使う場所の近くに置きたいから。

自然に置くだろう場所

連想できる場所

 

配置に迷うモノがあるときは
自分(+使う人)が連想できる場所を意識してみる
検索しやすくなります。

 

3- 見える化する


モノが重なり合ったり
小さいモノが底に沈んだり
奥にモノを押し込んだり

モノがモノで隠れてしまうと、検索性が下がります。

扉や引出しの中は、モノが隠れない見える化で、検索しやすくなります。

2- デスク手元の浅い引出しって、筆記具や電卓が入っていそうですよね。
——————–
3- 引出しの中は、モノの重なりがなく、全てのモノが見える。

 

4- 色を利用する


用途に応じて
収納アイテムを色分けすると、それだけで大きな分類となり
検索しやすくなります。

オフィスなら
業務内容ごと
処理段階ごと
(未処理・処理中・完了など)

個人宅なら
家族別、目的別など

 

書類を入れる個別フォルダを色分けする例
グリーン:処理中や、あとで見る
グレー:完了や、参考資料

 

5 見出しをつける


書類の管理には必須ですし
隠す収納にも取り入れて、検索性を上げます。

文字で記す、イラストで記す、写真で記す、など。

文字で記す場合
検索対象物が多いときには
目次や一覧表(リスト)・配置図なども作ると
さらに検索しやすくなります。

 

文字で記している例

 

 

以上、片付けの知識としては
目新しいことではありませんが

[検索性を上げる]という目的を掲げることで
取り組み方に変化があると思います。

これならやってみよう♪
と思える方法がありましたら
そこから始めてみてください。

 

 

 


ただいま募集中


 

オフィスの環境整備サポート
(オフィス内の整理収納モニター募集)

札幌市内・近郊にオフィス(事務所)を構える
経営者さま・事業主さま

カタシカタに
オフィスの環境整備のお手伝いをさせていただけませんか。

ただいまモニターとなっていただける事業所を募集しております。

 

banner-contact_03

 


 

カタシカタの個人懇談
[わたし流さがし]

自分の得意と苦手(特性)を知り
片付ける方法を考えます。

[エニアグラム]という人間学の理論を活用し
おひとり、おひとりに合った
片付けへの動機づけをいたします。

 

 

banner-contact_03

 

 

 


 

オフィス内を整理したい事業主さま必見!整理収納モニター募集

 

 

札幌市内・近郊に
オフィス(事務所)を構える

経営者さま・事業主さま

カタシカタに
オフィスの環境整備のお手伝いをさせていただけませんか。

 

オフィス内の
整理収納モニターを
募集します。


オフィスの
環境整備サポート

 

業務が優先となり

書類や備品・デスク周りなど
整理がつい、後回しになっていませんか?

「デスクの上が書類や郵便物で山になっている」

「必要な資料や備品をいつも探している」

「過去の書類など、とりあえず段ボールに入れて山積みにしている」

 

整っていない環境が
知らず知らずのうちに

業務の効率を下げている可能性があります。

忙しさは、自分自身で招いている部分もあるかもしれません。

オフィス環境を整備することで
業務にも、気持ちにも、
余裕を取り入れてみませんか。

 

ただいま
モニターとなっていただける
事業所を募集しております。

 

 

 

環境整備サポートの内容

【サポート箇所】

オフィス(事務所)全体
事務スペース
お茶・応接スペース
プライベートスペース
書類保管庫 など


【サポートメニュー】

整備の代行
整備の補助
整備の相談 など

 

【サポートの流れ】

1- コンサルティング

現状確認
目標設定
スケジュールの作成など


2- 整備

要・不要などの整理
用途などで分類
仮配置


3- 収納アイテム購入
(必要に応じて)

配置の確定


4- 成果の検証

整備後の検証
アフターフォロー

 

作業上、知り得た個人情報の扱いについては、細心の注意を払います。
秘密保持については、徹底しておりますので、どうぞご安心くださいませ。

 

 

モニターの詳細

【サポート開始】

2017年11月~ 定数となりました。
(コンサルティングは10月から可)

2018年2月~

(コンサルティングは1月から可)

 

【モニター価格】

1時間につき ¥3,000~
(交通費別途)

※内容により、月契約なども対応いたします。
コンサルティングの際にご相談くださいませ。

 

【モニター条件】

モニターアンケートに
ご協力いただける方

 

【モニター定数】

5事業所 → あと3事業所となりました。

 

【お問い合わせ・お申込み】

banner-contact_03

 

 


働きやすい仕組みを作り
事務効率の向上を目指しましょう。

快適で機能的なオフィス環境に。

 

kkurao

企業内整理収納マネージャー
くらお

 

 

 


2017-09-20 | Posted in オフィスの環境整備, BlogNo Comments » 

 

やる気スイッチを押す言葉がけ - 褒めるがONの人・OFFの人

 

家族には
「散らかしたら片付けてほしい」
「宿題を終わらせてからゲームをしてほしい」

部下や同僚には
「デスク周りを整頓してほしい」
「仕事の進捗状況を報告してほしい」

など、身近な存在には特に
望むことが、いろいろあると思います。

 

どう言えば
やる気を出してくれるか。

どんな言葉なら
気持ちよく動いてくれるか。

とりあえず、褒めれば良い?

 

実は、褒められて動く人と
そうではない人がいます。

褒めたり、感謝を伝えることは
コミュニケーションを円滑にするかもしれません。

が、それが、やる気スイッチをONにするとは限りません。

 

相手を支配したり
コントロールするのではなく

自主的に動いてくれる言葉がけについて、お話しします。

 

 

【褒める】がスイッチ
ONの人

 

以前、個人懇談[わたし流さがし]を受けてくださったAさんのご主人。

この方は、他人の評価が気になる感情優位タイプ、と推測しました。

このタイプには、とにかく【褒める】よう、お話ししました。

 

Aさんは、普段ご主人を褒めることはあまりなく、褒めたら
「バカにするな!」と怒られるんじゃないかと、とても抵抗があったそうです。

それでも、意を決して、軽めに褒めてみたら…

ご主人は、マンザラでもない様子で、機嫌良く、ちょっとした家事の手伝いまでしてくれたそうです。

その後も褒めるよう努めたところ、例外なく、機嫌は上向きだったそう。

周囲からの見えカタが重要な、このご主人には【褒める】がやる気スイッチをONにするようでした。

 

ちなみに、感情優位タイプの中には、感謝を伝える、ことでスイッチが入る人もいます。

感情で反応があるタイプの人には【褒める】や、感謝を伝える、を試してみてください。

 

 

【褒める】がスイッチOFFの人

 

Aさんが、ご主人を褒めたら「バカにするな!」と怒られるんじゃないか、と心配したように、実際、褒められても全く響かない、逆に相手を警戒してしまうタイプの人もいるんです。

それを知らずに、褒めたり、必要以上に感謝の言葉を伝えても、全くの逆効果。

途端に、やる気を失わせることになるんです。

当然、このタイプの人には、違う言葉がけでスイッチが入ります。

 

例えば、感情では響かない理論優位タイプでしたら、筋道の通った内容で伝える。

「早く寝なさい」ではなく

今寝ないと、睡眠時間が〇時間以下になるから、寝不足になっちゃうよ」という具合に。

頭で納得してから動きたい思考型ですから、論理的に伝える、がスイッチをONにします。

 

【褒める】で動かない人には、筋道の通った内容で伝える、を試してみてください。

 

 

 

スイッチを押す言葉がけは、気質によって違います

 

人には、生まれ持った気質があって、どんな言葉でスイッチが入るのかは、その人なり、その気質なり、それぞれ違います。

上記は、その中の一例で、他にも【褒める】に反発する、というタイプの人もいます。
(この人は、勝ちにこだわる本能優位タイプ)

このことを知っているだけでも、案外あっさり、円満・円滑に、コトが進んだりします。

 

自分自身、そして家族や同僚など身近な人の、やる気スイッチを押す言葉を知っておきませんか。

そこから、片付けへの動機づけへも導いていきます。

 

 

ただいま募集中

 

あなたも自身の気質(得意と苦手)を知って
自分に合った片しカタを見つけませんか。

カタシカタでは
エニアグラム(人間学)を活用した
個別相談を行っています。

カタシカタの個人懇談
[わたし流さがし]

 

 9月のお申込みも可能です。

 


LINEコミュニティ
[カタシカタの井戸端会議室]

こちらのご参加も、ぜひぜひ♪

 


banner-contact_03

banner-contact_03

 

 

 


 

1 / 3912345...102030...最後 »