Blog

名刺の整理整頓

 

 

あなたは
アナログ派?デジタル派?

 

オフィス向けのサポートで
お悩みとしてあがる声に

「名刺の整理整頓」
があります。

社長さんや、営業職の方は
本当に驚く枚数をお持ちです。

 

試しに、身近にいるビジネスマンたちにも
名刺の整理整頓方法について聞いてみたのですが
ちょっと意外な結果でした。

それは「アナログ管理」を好む方が多い、ということです。

 

ネットの中を見ていると
世は「デジタル(クラウド)管理」時代のように映っていましたが

いやいや
リアルな声を聞いてみると
「アナログ管理」がまだまだ人気なんです。

 

一部の、しかも札幌という限られた範囲ではありますが

「デジタル(クラウド)管理」は、10人に1人くらいの印象です。

 

ではなぜ「アナログ管理」が人気のままなのか…

 

 

根強いアナログ管理

もともと「アナログ管理」から始まっている人が大多数。

その慣れている状況を維持したいというのが、人気の理由のようです。

 

1- 現状に困っていない


アナログ派の多数意見です。

この方法で困っていない、
不自由なく上手く使っている、
という方たち。

 

なぜ困っていないのかというと

*そもそも名刺の増減が少ない。
(名刺が増える業種ではない)

*増減はあるが、実情に応じて内容を見直し、きちんと管理できている。

 

このような方たちについては
何の問題もなく、現状を維持すれば良いですよね。

 

ちなみに2大整理用品は

ファイルタイプ

コクヨ公式サイトより

 


カードケースタイプ

キングジム公式サイトより

 

 

実際に使っている方を見たことはありませんが、こんな製品も人気のようです。

回転式タイプ

アスクル公式サイトより

 

 

 

2- 困っているが改善していない(踏み切れない)


実は困っているけれど、慣れている現状は維持したい、

あるいは
改善したいが、どう改善すれば良いか分からない、
という方たち。

 

どんな風に困っているかというと

*目当ての名刺を探せないなど、探すことに対する時間とストレス。

*増えるペースが速く、整理整頓が追い付かない。

*改善したいが、改善方法を検討する余裕がない。

*デジタルにも興味はあるが、どの製品(ソフト・アプリ)を選べば良いか分からない。

*今ある膨大な数の名刺を、新しい方法に移行するのが手間になる(時間を取れない)。

 

れを手放し「デジタル管理」にすることで、劇的に管理がラクになる方も多いのかもしれません。

わたし自身は、現状に困っていないアナログ派で
デジタルの良さも悪さも知りません。

ただ現在
お客様へのご提案のため、いろいろ調べておりまして
今後、調査結果などは追記していきたいと思っています。
(数か月後には、デジタル派を気取っているかもしれません。笑)

 

 

 

気になるデジタル管理

「デジタル管理」について、調べている経過として

 

まず導入している人のキッカケは

*組織全体で導入しているから必然的に。

*個人事業で自由に管理できるので、まずは無料アプリから。

*収集がつかなくなり、名刺そのものを減らす目的と、探しやすさ(検索性)を求めて。
など

 

各製品(ソフト・アプリ)の売り文句を見ると

読み取り精度
データ化
検索性
社内共有
(一元管理による営業強化)
外部連携
(SNSなど)
電子名刺交換
などなど

付加機能をどこまで求めるかで選ぶ製品が変わってきそうです。

*必要な機能
*あると便利な機能
*必要のない機能

見極めながらと考えると、なかなか導入に踏み切れませんね。

 

もし「デジタル管理」の導入に迷われている方がいらしゃるとしたら
———-
名刺を探す時間とストレスを軽減する!
そして本当に充てたいことに時間を使う!!
———-

シンプルに、ここを手に入れてほしいと願います。

小さい一時のストレスと、やり過ごさずに。

 

 

 


 

オフィスの
整理整頓サポート

札幌市内・近郊にオフィス(事務所)を構える
企業さま・事業主さま

カタシカタが整理整頓の
お手伝いをいたします。

ムダに気づき、ロスをなくし
効率的で快適な職場環境を作りましょう。


詳細は【オフィス向けサポート】から

 

banner-contact_03

 

banner-contact_03

 

 

 


2018-04-19 | Posted in オフィスの整理整頓, BlogNo Comments » 

 

講演|洋服の整理整頓[捨てないで!!まず分けよう!]

 

札幌近郊の団体さまの
婦人会にお招きいただき

【洋服の整理整頓】について
講演いたしました

 

サブタイトル
捨てないで!!まず分けよう!
のとおり

「捨てないでください」
を連呼してきました。

 

主催者さまより許可をいただき
記事にしております。

(主催者さま、ありがとうございます!)

 

 

分類表を使った片付け


キッカケは、主催者さまが
当ブログ記事を読んでくださったことから。
(この辺りの記事と推測)

 

 片付けレポート 4(北区 Iさまの洋服)ビフォーアフター

 

 

 

 

この記事の中に登場するのは
片付けで使う分類表


 

この分類表を使った
片付けカタを話してもらえないか?というご依頼でした。

 

なぜ、この方法をご指名なのかお聞きしたところ

なかなか実際に、片付け始められない人が多いから
とのこと。

**
片付けなきゃいけない現状
片付けたい気持ちはある。

だから片付けカタを学んだことがある人は多い。

でも、実際にその知識を生かして片付けているか?
というと、始められずにいる。

だから、こういう
カタチ(分類表)として
持ち帰れるモノがあれば
実際に始めるキッカケになるのでは。

**
主催者さまの
会員の皆様さまへの思いと
真剣さが伝わってきました。

 

わたし自身が、かつては、始められずにモガいていました。

だから、簡単に始められないことは、よく知っています。

それでも、いろいろ学んだことは、ムダではなかったんです。

いろんなやり方の中に
これならできるカモ!
があるから。

この分類表を使った方法も
誰かのできるカモ!になれば。

そんな気持ちでお話ししてきました。

 

 

洋服の整理整頓は
捨てないで!!
まず分けよう!

 

捨てないで!!まず分けよう!

しつこくしつこく
申し上げました。

もちろん、大事な理由があるからです。

 

実際の分けカタについては
わたしのタンクトップで実演しました。
(ちょっぴり演技付き。笑)

 

お話ししたのは、この程度。
簡単じゃないと始まらないから。

 


「持っているモノを
手放すって、とってもハードルが高いこと」
と、教わったことがあります。

この「モノ」とは
物質的なモノだけではなく
気持ちや、環境なども含め
すべてを指しています。

 

そう考えると片付けって

物質的なモノも
気持ちも、環境も
すべてが対象…

そびえ立つハードルですよね。

 

そんな難しいこと
いきなりヤレったって…

だったら
捨てないで!!まず分けよう!

 

納得して捨てるのは
手放す。
納得しないで捨てるのは
奪われる。

だから、まず分けることで
納得への一歩としてほしい。

自分の大事なモノは
自分の手で奪わないでください。

 

 

おもしろかった。
というご感想

 

参加者のおひとりから
「おもしろかったです」
と言っていただきました。

「参考になりました」などは
言っていただけますが
「おもしろい」は初めてで。

頭ではなく
心に届いた感じがして
とっても嬉しかったです。

心が動かないと
体も動かないですもんね。

その後、体も動いていたら
嬉しいなぁ。

 


講演終了後に
お昼ごはんをごちそうになりました。

さすがは婦人会さま
実家ごはんを思い出す、沁みる内容

料理がニガテで、手の込んだ調理は、なかなか始められません…
簡単なことから、始めなければ!

 

主催者さま、婦人会の皆さま
ありがとうございました!

 


捨てないで!!まず分けよう!

これならできるカモ!
と思えたら
、ぜひ試してみてください。

そして、その感想や質問を
聞かせてください。

 

 

オフィスの整理整頓サポート
モニター募集中

札幌市内・近郊にオフィス(事務所)を構える
経営者さま・事業主さま

カタシカタに整理整頓の
お手伝いをさせていただけませんか。

ただいまモニターとなっていただける
事業所を募集しております。


詳細は【オフィス向けサポート】から

 

banner-contact_03

 

banner-contact_03

 

 


 

人も、いろいろ。片付けも、いろいろ。

 

十人十色、百人百様など

「人それぞれ」ということを
表す熟語には、聞き馴染みがありますよね。

 

考え方や好みなど
人それぞれなのは
知ってはいるけれど

時として、それを尊重しあえず
衝突することもあります。

自分の普通が
皆んなの普通とは限らない。

 

以前、職場であった衝突も
違う考え方
自分にとっての普通が
ぶつかり合っていました。

 

 

淡々VS和気あいあい

 

責任感の強いA氏は

ムダを省き、目的に向けて
淡々と仕事をこなすタイプ。

 

明るく社交的なB氏は

周りとのコミュニケーションも
大事にしながら、和気あいあいと仕事をするタイプ。

 

この二人が違うタイプであることは、一目瞭然。

きっと普段から
自分の普通 ≠ 相手の普通
だったんだと思います。

 


ある日、業務の進め方について
二人は違う意見を出しました。

A氏、段々と語気が強くなり

とうとう、普段から
ため込んできたんだろう思いを
爆発させました。

なかなかの暴言ぶりで
一瞬にして、居たたまれない空気になりました。

 

 

淡々勝利?でも…

 

この業務に関わっていないわたしは、一歩引いて
静観していました。

B氏はちょっとだけ言い返していましたが
最後は、A氏の意見をほぼ受け入れたようでした。

 

多少衝突しても
正しさを主張する、淡々A氏と

苦しいと逃げ腰になる
和気あいあいB氏の

らしい結末だと思いました。

 

どっちが良い悪いではない。

ただA氏が、場の空気を悪くさせたのは事実です。

そういう意味で
A氏の言い方には、改善の余地があると思っていました。

 

 

 

無かったことにしない

 

わたしは現在、エニアグラムという理論を学んでいるのですが
(人の気質には9タイプあるというもの)

当時のエピソードを
エニアグラムの先生に話したことがありました。

 

そこで、アドバイスされたことがあります。

——————–
その居たたまれない空気感は、あなた(くらお)のタイプは、特に苦手なはずです。

少なからず、ほかの人たちも、その場の空気は嫌だったはず。

その事実を、無かったことにしてはいけません。

A氏のタイプは、たとえ空気が悪くなったとしても、正しさを伝えることは必要と考えているはずです。

だから、仕事への真剣な姿勢は認めながら、言い方は考えてほしいということを、きちんと伝えてください。

A氏は、何かのタイミングで、あなたの言葉を理解するときが必ずきますから。
——————–

 

そうなんです。

わたしは、嫌なことは
無かったことにしてしまう傾向があるんです。

嫌な時間が流れ去るのを待つ。

 

本当は

その言い方はないんじゃない?
と怒っていたり

そんな風に言われて悲しい…
と泣いているのに。

 

とっても痛い指摘でした。

でも、臆病だと思っていた部分は、調和を重んじる気質が
ちょっと行き過ぎているだけだと知りました。

行き過ぎずバランスを取れば
チームの調和の一助となれるんです。

 

 

 

 

自分の気質を、片付けにも

 

さて、今回の登場人物3人。
(A氏・B氏・くらお)

三者三様ですよね。

あなたは、どのタイプに近いですか?
それとも、また違うタイプでしょうか?

 

各々のタイプは
良いも悪いもなく、気質が違うだけなんです。

自分を知って、他者も知れば
今までとは違うコミュニケーションの取り方が生まれます。

 

そして
これを自分の日常にも落とし込めば、生活が変わります。

そうやって、わたしは自分に合った片付けカタに、たどり着けました。

また、家族に自分のやり方を強要しなくなりました。

 

あなたも自身の気質
(得意と苦手)を知って

自分に合った片しカタを見つけませんか。

カタシカタでは
エニアグラムを活用した
個別相談を行っています。

 

カタシカタの個人懇談
[わたし流さがし]

受付終了いたしました。
ありがとうございました。

新メニューの募集まで
少しお待ちくださいませ。

 


LINEコミュニティ
[カタシカタの井戸端会議室]

こちらのご参加も、ぜひぜひ♪

 

 

banner-contact_03

banner-contact_03

 

 

 


2018-01-25 | Posted in エニアグラム, BlogNo Comments » 

 

1 / 4012345...102030...最後 »