Blog

気質なりの選択。-働きカタも、片しカタも-

 

 

山積みのタスクは
燃える?萎える?


先日、同期入庁のメンバーで集まる場がありました。
(前職のなので、OBとして参加)

20年ぶりの集まりで
家庭を持った人もたくさんいました。

フルタイム勤務同士の共働きが多いのですが
——————–
 兄弟が別々の保育園で、二ヵ所に送迎している。
 朝が早い家族に合わせて、毎日お弁当を作っている。
 学校のPTAの重職を引き受けている。
 少年団や部活の関わりに、土日をほぼ費やしている。

——————–
と、仕事以外にも
とってもパワフルで…

 

 

こんな風に
忙しいスケジュールや
タスクを前にしたとき

あなたは、燃えますか?
それとも、萎えますか?

 

 

気質によって、燃える人もいれば、萎える人もいる


わたしは、萎えちゃうんです。

仕事と家庭の山積みタスクに
どこから手をつけようって

結果、フルタイムという働きカタを手放したのですが

今もパワフルに働く、元同僚たちを見ると
ジブンは
ダメ人間だなぁ、って凹んできたんですよね

 

でもね、世の中には
山積みのタスクに、燃える人もいるんです。

それが原動力になって、力を発揮できたり
そこに、いろんな可能性を当てはめて、楽しくなったり。

 

人には、生まれ持った
気質があって

同じ条件下でも
燃える人もいれば
萎える人もいる。

優劣はないから
気質なりの選択をすればイイだけのこと。

 

このことを知ってからは、ジブンの気質を受け入れて
ダメ人間って、凹むことはなくなりました。

 

 

 

 

片付けにおいても、気質を意識すると


山積みタスクに萎えるタイプで
つい散らかしてしまう人は

なんでも後手後手になるのが原因だったりします。
先手先手を誓うのですが、油断すると、どうしても…

でもこれも、気質の問題かもしれません。

「明日できることは、明日に」
そういう気質を持っている人もいるんです。

 

だから
もう無駄な抵抗は止める。

先手は意識するけれど
困らない範囲で後手になるのは、ジブンらしさ。

そう自然体で過ごすと
いつもピカピカではないかもしれないけれど
程よい暮らしが手に入ります。

 

先日、個別相談を受けられた方は、また別のタイプだったのですが

その方の気質に合った片しカタをアドバイスしたところ
驚きの変化があったそうです。

ご了承をいただけたので
詳しくは次回、紹介したいと思います。

 

 

ただいま募集中


あなたも、ご自身の気質を知って
苦しくない片しカタ
自然体での暮らしを
手に入れませんか。

[わたし流の片しカタ]を見つけたい!
という方へ
エニアグラム(気質論)を活用した
個別相談を行っています。

カタシカタの個人懇談
[わたし流さがし]

7月以降のお申込みが可能です。

 

LINEコミュニティ
[カタシカタの井戸端会議室]

こちらのご参加も、ぜひぜひ♪

 

banner-contact_03

banner-contact_03

 

 

 そして同期会の最後は


すっかりエラくなった人たちに
市有地価格の交渉を…

byくら友学園

 

バカ言ってる(笑)

 

 

 


 

片づけレポート10(札幌市白石区Tさま邸 キッチン)

 

札幌市白石区のTさま邸【キッチン】のお手伝いをいたしました。

入居したてのピカピカのお宅です。

あまりモノを持たない主義とのTさま。
引越しで、さらにモノが厳選されていましたので、収納に特化したお手伝いとなりました。

収納グッズの買い物も同行いたしました。

 

Tさまのご要望

キッチンの収納はコンロ&シンク下のみ。
奥行きと高さがあり、それをどう利用したら良いかわからない。
使い勝手が良くなるようにしたい。

これを目指し、収納いたしました!

 


 

コンロ下

観音扉で、奥行きのある広いスペース
ここはすでに、一部ファイルスタンドを使い収納されていたので
足りない分を買い足し、完成させました。


・フライパン、鍋、ふた
・これから増える予定の鍋スペース
・キッチンペーパーのストック
——————–
〈ファイルスタンド〉セリア

 

コンロとシンクの間の下

上部の引出し


・カトラリー、調理器具
・調味料
——————–
〈文具用トレー〉セリア


下段の片観音扉スペース


上:調味料ストック・保存容器
下:これから増える予定のボウルスペース
——————–
〈ポリプロピレン収納ラック・深型〉
無印良品

 

シンク下

ここも奥行きのある広いスペース
真ん中に排水管があるため、湿気も考慮した収納に。

——————–
〈ポリプロピレンケース・引出式・浅型〉
〈ポリプロピレンケース・引出式・深型2個〉
〈ポリプロピレンケース・引出式・深型〉
全て無印良品


引出しの中、左


上:ラップ・ファスナー付き袋
中:食器
下:食品ストック、シンク周りストック品(スポンジなど)


引出しの中、右


全て食器

 

収納グッズの買い物もご一緒したのですが
想定外の不都合が発生することも。
でも、その場ですぐ、相談しながら変更ができて、とてもスムーズでした。

シンプルにスッキリ暮らされる
未来のTさまの姿が想像できて
わたしまで清々しくなる収納作業でした。

 

そんなTさまから、こんなご感想が
(一部抜粋)

キッチンが整理されて嬉しいです。
意味もなくシンク下のドアを開けてのぞいてます。笑
これから少し物も増える予定ですが、使いやすいキッチンを継続して行きたいと思います。

撃ち抜かれる、うれしいワード♡
こちらこそ、ありがとうございました!
(写真・感想の掲載は、Tさまの了承をいただいております)

 


 

実は、アンケートの別な質問に対して

「アドバイザーの方が男性だったらどうしようか…と思いました。笑
くらおさんが女性でしたし、とても話しやすい方だったので安心しました。」

というご回答がありまして…

 

そうなんです。 『くらお』って
ときどき性別に不安を抱かれます。

同じように感じている方がいらっしゃったら
申し訳ありません。 ウーマンです!

 

 

片付けのことで「誰か、聞いて~」
なことがありましたら
ウーマン『くらお』に、ぜひお声かけを。

意外と!?癒し系ですので。← ホントか?

 


 

ただいま開催中の、エニアグラムを活用した個別相談も、とても好評です。

まずはご自身を知る。
これって、楽しいし、効率的なんです。 

[わたし流の片しカタ]を見つけたい!
という方へ、エニアグラムを活用した
個別相談を行っています。

カタシカタの個人懇談
[わたし流さがし]

7月以降のお申込みが可能です。

 

LINEコミュニティ
[カタシカタの井戸端会議室]

こちらのご参加も、ぜひぜひ♪

 

banner-contact_03

banner-contact_03

 

 


2017-05-21 | Posted in キッチン, Blog, 片付けレポートNo Comments » 

 

伝え方

 

 

あなたにとっての[近い]って、どのくらいですか?


20代前半の頃に
わき見をしていて
前の車に追突したことがありました。

当時はポケベル時代で
「しもしも~」を
持っている訳もなく
公衆電話を探して走りました。

バクバクしながら、かけた110番

——————–
110番
「場所はどの辺ですか?」
くらお
「〇〇高校の近くです。」
110番
「………
あなたにとっての[近い]って、どのくらいですか?」
——————–

それはそれは
冷たくて、鋭くて…
いい大人のくせに
思わず泣いてしまいました。

「〇〇高校と△△駅の間の~」
と、 必死で伝えました。

 

 

 

公文は遠いから…


それから約20年後

小学校中学年の長男が
「公文は遠いから…」
と言いました。

自宅と公文教室の距離は
約600m。歩いて8分ほど。

最初は、そういうボケなのかと
流して聞いていました

のちに本気で言っていることに
気がつくのでした。

 

簡単に言うと
長男の体感として遠かったらしいんです。

彼の感覚での[近い]は
たぶん
200m前後(徒歩3分程度)

当時、彼の体力年齢が
著しく低かったらしく
公文までの片道8分は
大人が想像する以上に
消耗していたらしいのです。

 

「あなたにとっての[近い]って、どのくらいですか?」

長男にとってのこれを
担任の先生に伝えておかなければ!
 

 

 

 

担任の先生から教わった、伝え方


たとえば、お友達と話すときの距離が近ければ
「腕の長さ分の距離が
ちょうど良いよ」
と言っていただけると、理解できると思います。

「もう少し離れよう」だと
周りが期待する距離とは違う
長男にとっての[もう少し]

極端な距離の取り方をする可能性があるもので。

 

[遠近]のほかにも
[多少][大小][加減]など
長男特有の感覚があることを
担任の先生にお話ししました。

 

それから数か月後に
こんな報告が。

——————–
グループ毎に話し合いをする時間でした。

「他のグループも話し合っているので
グループ内だけに聞こえる[声の大きさ]で話しましょう」
そう全体に伝えました。

でも、くらお君の声は大きくて
グループ内で注意されていたようです。
何度注意しても改めない。
ということで、
話し合いから外されてしまったそうなんです。

それで、くらお君は
泣くのをこらえながら、私のところに来ました。

「みんなが仲間はずれにする」

話しを聞くと、くらお君なりに声は調整していた。
それが分かったので
グループに一緒に戻り、見本を見せました。

『あ~』この声は聞こえる?
クラス全員が「聞こえます!」

『あ~』じゃあ、この声は?
と、少しずつボリュームを下げ
グループ内だけに聞こえる大きさを、 実際の声で示しました。

 

グループのメンバーには
くらお君なりに、改めようと努めていたことを伝えました。

そして、くらお君には
グループで起きていることを
言いに来てくれてありがとう。と伝えました。
——————–

長男の特性を理解したうえで

誰も責めず、裁かず
こんな柔らかい伝え方があることを、 教わりました。

 

 

 

エニアグラム的な見解


9タイプの人がいる。
そう謳っているエニアグラム

たぶん、この先生は
調和や調整がお得意なタイプ
と想像します。

このタイプは
楽天的な長男のタイプと
相性が良いらしいです。
(当時は知りませんでしたが)

学校を休むことが時々あった長男でしたが
この先生が担任になってから
休まなくなりました。

先生との相性も大きかったんだろうと
今になって思うのでした。

 

ちなみに、最近ご結婚された
アンジャ渡部さん・佐々木希さんも
長男・担任の先生と、同じ組み合わせらしいです。

 

片付けも
自分のタイプを知ると、合う方法が見つかります。
家族のタイプも知ると、 声のかけ方が変わります。

まずは
自分のタイプを知ることから、始めてみませんか。

カタシカタの個別相談で
お手伝いしています。

 

ただいま募集中


 

[わたし流の片しカタ]を見つけたい!
という方へ、エニアグラムを活用した
個別相談を行っています。

カタシカタの個人懇談
[わたし流さがし]

7月以降のお申込みが可能です。

 

LINEコミュニティ
[カタシカタの井戸端会議室]

こちらのご参加も、ぜひぜひ♪

 

banner-contact_03

banner-contact_03

 

 

 


 

1 / 3712345...102030...最後 »