Blog

「一年に一枚。二十歳(ハタチ)に贈るアルバムの会。」開催のお知らせ②

 

「子どもの写真は、撮りっぱなし。
整理しなきゃ、と思ってはいるんだけど…」

思っているだけで止まっている!?
それなら ハタアルに来てみませんか。

 

ハタアルこと
一年に一枚。二十歳(ハタチ)に贈るアルバムの会。

一年ごとに一枚の写真と、想いを文字で綴ったアルバム。
我が子が二十歳(ハタチ)を迎えた時に、二十年分の想い出と愛情を添えて、アルバムを贈ろう。
という会。

 

【日時】
2017年7月5日(水)
10:30~12:30

【場所】
月寒トヨペット 2F
札幌市豊平区月寒東1条14丁目1番1号
(東西線「福住駅」4番出口徒歩1分、駐車場あり)

【料金】
初回 1,500円(スタートキット代込)
2回目以降 500円

【持物】
お子さんの写真(年齢ごと数枚)

【申込】
申込フォーム

 


かつては撮るだけで、放置していました。
やっぱり、想い出より目の前の生活が先になりますもんね。

でもハタアルに参加するようになって、2年半。

気がつけば、長男の13年分は
画像データも写真も、整理できていました。

細く長くがモットーのハタアルなので
根を詰めて作業に当たったキオクはなく
自然と流れに乗ったんですよね。

 

 

整理した写真を、何往復も見返し
その歳の一枚を決めてきました。

写真の中にいた時間より
外から眺めている時間のほうが長くなって
「この頃って現実だったのかな?」
なんて思うようになりました。

時間の流れとともに、その思いは強くなり
とうとう長男本人に聞きました。

「〇〇が、赤ちゃんだった頃って、ほんとにあったのかな?」

答えが返ってくるとは思っていなかったけれど
投げかけてみたら、ジブンの中から答えが出てきました。

 

ハタチになった彼は、この問いを覚えているだろうか?
アルバムを渡す日を迎えたら、一緒に贈ろう。

なぜ、そんな質問をしたのか
そして、どんな答えが出たのか。

 

シャッターを押した日のコトや
溢れる写真を前に奮闘したジカン
そして、アルバムに託す願い

いろんなことを共有しながら
その子のハタチまでを、一緒に作りませんか。
細く長く。

 

 

ハタアル実行委員】
キオクヲキロク yu-kiさん
totonoe+ 冨田真紀さん
カタシカタ くらお

当日は3人とも参加しております。

——————–

過去のハタアルの様子
2016.9.30編
2016.5.17編
2015.5.28編

——————–

ハタアルは、ナカバヤシの「アルバムコンテスト」で優秀賞を頂いています!

 

 

カタシカタからのお知らせ


ご自身の気質を知って
苦しくない片しカタを手に入れませんか。

[わたし流の片しカタ]を見つけたい!
という方へ
エニアグラム(気質論)を活用した
個別相談を行っています。

カタシカタの個人懇談
[わたし流さがし]

 

banner-contact_03

banner-contact_03

 


 

優柔不断にも、いろいろ(お客さまの変化)

 

 

暗くなったから
電気を点ける


子育てで右往左往していた頃
当時お世話になっていた先生が、教えてくれました。

『暗くなったから
電気を点けるんですよ』

 

そう、その頃のわたしは
「お友達を叩いちゃダメ!」
「乱暴な態度は嫌われる!」

と、電気を『点けた』ことにばかり注目をしていました。

『どうして』電気を点けたのか?
という、大事な部分を、あまり見ていなかったんです。

 

でもこれって
大人も子どもも関係なく

誰だって、その行動には、必ず理由があるんですよね。

 


優柔不断にも
その人なりの理由が


優柔不断なんです…
という方、多いですよね。
(わたしもですが)

先月、個別相談を
受けられた方も
ご自身で、そうお話しされていました。

 

でも、どうして
そうなっちゃうのか。

その背景は
人それぞれ、ホントそれぞれなんです。

この方は
マジメで忠実なタイプでした。

そのマジメさ故、慎重になり
忠実さ故、
期待に応えようと
優柔不断になっちゃうんです。

 

ほかには

完璧を目指すタイプなら
失敗を避けるあまり、優柔不断に。

思いやりのあるタイプなら
他人の気持ちをくみ取り過ぎて、優柔不断に。

 

人には、生まれ持った
気質があって

同じ行動に見えても
その人なり、その気質なりの
理由があるんです。

優劣はないから
そのことを自覚し
意識するだけで
迷いへの判断は変わります。

 

ちなみに、わたしのタイプは
優先順位をつけられず、優柔不断に。

このことを自覚してからは
日ごろから、優先順位をつけることを意識するようになりました。

 

 

気質を意識して
片付けてみると


今回の、マジメで忠実なタイプのお客さま
この方の気質に合った、片しカタをお話ししました。

すると
その日の夕方に第一報が。
「帰宅してすぐ、床を拭きました!」

この日以降、片付けだけでなく
家事全般がスムーズになった!
というご報告を、数日間に渡りいただきました。

平日のお仕事の日も、休日も
動きカタが変わり、ストレスフリーな生活になったそうです。
(優柔不断な様子も、なさそうです)

 

もし、片しカタを学んでも、片せるジブンになれない…
という方がいらっしゃったら

それは、気質に合わない、やりカタなのかもしれません。

 

そろそろ無駄な抵抗は止めて
まずはジブンの気質を自覚してみませんか。

 

 

ただいま募集中


あなたも、ご自身の気質を知って
苦しくない片しカタ
自然体での暮らしを
手に入れませんか。

[わたし流の片しカタ]を見つけたい!
という方へ
エニアグラム(気質論)を活用した
個別相談を行っています。

カタシカタの個人懇談
[わたし流さがし]

 

LINEコミュニティ
[カタシカタの井戸端会議室]

こちらのご参加も、ぜひぜひ♪

 

banner-contact_03

banner-contact_03

 


 

気質なりの選択。-働きカタも、片しカタも-

 

 

山積みのタスクは
燃える?萎える?


先日、同期入庁のメンバーで集まる場がありました。
(前職のなので、OBとして参加)

20年ぶりの集まりで
家庭を持った人もたくさんいました。

フルタイム勤務同士の共働きが多いのですが
——————–
 兄弟が別々の保育園で、二ヵ所に送迎している。
 朝が早い家族に合わせて、毎日お弁当を作っている。
 学校のPTAの重職を引き受けている。
 少年団や部活の関わりに、土日をほぼ費やしている。

——————–
と、仕事以外にも
とってもパワフルで…

 

 

こんな風に
忙しいスケジュールや
タスクを前にしたとき

あなたは、燃えますか?
それとも、萎えますか?

 

 

気質によって、燃える人もいれば、萎える人もいる


わたしは、萎えちゃうんです。

仕事と家庭の山積みタスクに
どこから手をつけようって

結果、フルタイムという働きカタを手放したのですが

今もパワフルに働く、元同僚たちを見ると
ジブンは
ダメ人間だなぁ、って凹んできたんですよね

 

でもね、世の中には
山積みのタスクに、燃える人もいるんです。

それが原動力になって、力を発揮できたり
そこに、いろんな可能性を当てはめて、楽しくなったり。

 

人には、生まれ持った
気質があって

同じ条件下でも
燃える人もいれば
萎える人もいる。

優劣はないから
気質なりの選択をすればイイだけのこと。

 

このことを知ってからは、ジブンの気質を受け入れて
ダメ人間って、凹むことはなくなりました。

 

 

 

 

片付けにおいても、気質を意識すると


山積みタスクに萎えるタイプで
つい散らかしてしまう人は

なんでも後手後手になるのが原因だったりします。
先手先手を誓うのですが、油断すると、どうしても…

でもこれも、気質の問題かもしれません。

「明日できることは、明日に」
そういう気質を持っている人もいるんです。

 

だから
もう無駄な抵抗は止める。

先手は意識するけれど
困らない範囲で後手になるのは、ジブンらしさ。

そう自然体で過ごすと
いつもピカピカではないかもしれないけれど
程よい暮らしが手に入ります。

 

先日、個別相談を受けられた方は、また別のタイプだったのですが

その方の気質に合った片しカタをアドバイスしたところ
驚きの変化があったそうです。

ご了承をいただけたので
詳しくは次回、紹介したいと思います。

 

 

ただいま募集中


あなたも、ご自身の気質を知って
苦しくない片しカタ
自然体での暮らしを
手に入れませんか。

[わたし流の片しカタ]を見つけたい!
という方へ
エニアグラム(気質論)を活用した
個別相談を行っています。

カタシカタの個人懇談
[わたし流さがし]

 

LINEコミュニティ
[カタシカタの井戸端会議室]

こちらのご参加も、ぜひぜひ♪

 

banner-contact_03

banner-contact_03

 

 

 そして同期会の最後は


すっかりエラくなった人たちに
市有地価格の交渉を…

byくら友学園

 

バカ言ってる(笑)

 

 

 


2017-05-28 | Posted in 気質のこと, BlogNo Comments »