倉岡の[ひとり井戸端], Blog

納豆が3パック。4人家族でどうしたら良いでしょう?

nattou-dai

 

——————–
「4人家族で納豆が3パックしかない。どうしたら良いでしょう?」
と相談されたら、あなたはどう思いますか?

1 はぁ!?そんなの自分で考えて。
2 私だったら、こうしますけど…
3 よし!一緒に考えよう。
——————–

この相談は、前職時代
同僚が実際に、電話で受けたものなんです。

 

ほかにも
「お祭りで売っているモノが高い(怒)」とか
「フリマで古い洋服を買わされた(怒)」とか

 

「・・・・・バカじゃないの!?!? 知らんわーーー!」
って、当時の心の声

 

これくらいは、まだ軽い、ほんの一例なのですが

「はぁ!?!?」
と思わず、声が出そうになる問合せは、ほんと多かったです。
(電話を切った後に「はぁ!?」って言ったけど。汗)

 

このとおり、当時のわたしは
最初の質問での答えは『1』
(ちなみに直接相談を受けた同僚は『2』で対応)

いま振り返ると、ほんとうに
こころに余裕のない日々でした。

時間に追われ
いつもイライラしていて…

 

だから、おバカな問合せにも
「忙しいのに!!」と憤慨しながら

最短で終わらせる方法として
ロボット対応をしていました。

「申し訳ありません。」
「担当の者に、申し伝えます。」
「貴重なご意見をありがとうございます。」

それは、こころの無い、まるで機械音。

 

当時は無意識でしたが

このロボット対応
全てにしていたんだと思うんです。

職場や家庭において
ヒトに対しも、モノに対しても。

 

当時しくじっていたアレコレ…
原因はココだったのかもしれません。

対人&夫婦関係・子育て・家計管理・片付けetc…

 

振り返ると、しくじり対処法は
『もっと面白がる』
だった気がします。

 

なんでも面白がっているうちに

しくじっていたコトが
うまく廻りだすようになっていた気がします。

そして、いつのまにか
余裕のない日々が、 過去となり。

 

d9748e09972b1abac85e2edd06b798a2_s

 

 

——————–
「4人家族で納豆が3パックしかない。どうしたら良いでしょう?」
と相談されたら、今のわたしなら

面白い!と『3』
一緒に考えよう!
——————–

一緒に考えたら
一人では思いつかない解決策が出るから面白い♪

 

 


2016-09-10 | Posted in 倉岡の[ひとり井戸端], BlogNo Comments »