くらおの[ひとり井戸端], Blog

めんどくさい克服法Ⅰ

hitori syasin dai  

シルバーウィークが終わり
また日常が戻りますね。

 

わたしは 友達ファミリー5組での
ニセコヒルトン&ピュアから始まり

敬老の日を、三世代で過ごしたり

お彼岸で、父のお墓参りに行ったり

初めてのシルバーウィークは
ゴールデンに過ごしました。

 

  niseko
ピュアでターザンになった長男の画

 

メインエベントは、ニセコだったのですが

旅行の準備も
旅先でのホテルライフも
帰宅後の荷物の後始末も

楽ちんスムーズでした!

 

家を整トンしてからは
旅行の荷物も減った、くらお家。

旅行グッズも
最低限で整トンしてあるので
ちょちょいのチョイです。
(おかげで遅刻常習犯も、今では待ち合わせ一番ノリ!えへん!!)

 

こんな生活が待っていたなんて!

ごみ部屋住人時代には
生まれ変わりでもしない限り
あり得ないと思っていました。

あの当時
日々、ごみ部屋を加速させていたのは
『めんどくさい』というワード。

片付けだけではなく、何をするにも
この 『めんどくさい』 が
行動の全てを停滞させていました。

大なり小なり
誰にでもある『めんどくさい』

大なり。のわたしには
この克服が、最大の変化をもたらしました。

 

『めんどくさい』

このワードがよぎるとき
なにが『めんどくさい』のか?
考えてみました。  

そうしたら、あっさり答えは出ました。
何だと思いますか?

答えは

 

 

「考えること」

でした。    

 

たとえば、 カバンの中に
粗品でいただいたボールペンがある。

ペンたてに入れておこう。
とペンたてに近づくと…

ペンたてが
グチャグチャ。。
ぎゅうぎゅう。。。汗

「うーん。すでにペンがいっぱい入ってる」
「要らないモノを捨てればスッキリするかなぁ」
「でも、使えるペンと使えないペン、混ざっているなぁ」
「あ、夫や子どものモノもある。勝手に捨てられないなぁ」
「もっとステキなペンたてに入れたいなぁ」
「ペンたてより、トレーに入れて引出しにしまう手もあるカモ」

  ………

「また今度にしーよぉ。」 って
新しい粗品ペンを押し込み

おしまい。  

どうでしょう?
読んでいるだけで『めんどくさい』
溢れてきませんか?

 

 「要らないモノを捨てればスッキリするかなぁ」
って考えている時間で、ペン1本を捨てる。

20本あったとしたら、その中の1本を。

一番使っていない、20位を選ぶ

20本あるペンが
19本になっても…

明日からの、わたしの人生
何も支障はない!

 

極端に言ってしまえば
その繰り返しで
くらお宅の今があります。

【チリも積もれば山となる】
逆バージョン。

チリも取り除けば平坦に戻る!?    

 

そう言われても、気が遠くなる…
それ、分かります。

だから

それ、続けたコツも
めんどくさい克服法
として、綴っていこうと思います。

 

  youtei
羊蹄山…いちおう(photo by  Boさん  

 

ではまた。

めんどくさい克服法Ⅰ

でした。

 


片付け井戸端会議 10月18日(日)募集しています。

片付け相談 随時募集しています。

 

 

(Visited 19 times, 1 visits today)