開催レポート, 片付け講座・イベント, 写真の整理, Blog

[一年に一枚。二十歳(ハタチ)に贈るアルバムの会。]開催レポート 2015.5.28編

 

undoukaidaidai

2015年5月28日(木)、厚別区のすまいポート21にて、

一年に一枚。二十歳(ハタチ)に贈るアルバムの会。
略して【ハタアル】

が開催されました。

今回で5回目となる【ハタアル】。

写真というモノを綴っているのではなく、
わたしの『想い』を綴っている。

そう確認する回となりました。

【ハタアル】では、「子どもが何歳のときから始めるか」は自由。
直近から始めても良し、産まれた歳から始めても良し。

わたしは、満11歳の長男のアルバムを作成中なのですが、

スタートに選んだのは、6歳の小学校入学の年。
選んだ写真は、運動会でした。

写真自体は、ほかのお子さんも写っていて、
これじゃなくても?な写真です。

でも、わたしの『想い』が、これを選びました。

hataaru1syou

長男は、過ぎるくらい、とっても元気boyでした。

スーパーで、見知らぬ女性に「大変そうね~」と声をかけられたり、
地下鉄で、同じ電車に乗り合わせた男性に「危ないだろう」と怒鳴られたり、
民間の保育園で、退園を促され、市立の保育園に転園したり、

エピソード満載な未就学時代を送りました。
その彼が、小学校という社会へ。
それは、それは、心配で、心配で…
母であるわたしが。

少しでも理解を得られる環境を作っておこうと
必死に動きました。

入学前から、気忙しく過ごし、
いよいよ迎えた入学式。

と同時に、
わたし自身が人事異動で、新しい環境に身を置くことに。

長男と自分と、各々が新しい環境。
運動会を迎えるまでの間で、もうヘトヘトになっていました。

運動会当日は、日差しが強い日で、一日が長く長く感じました。
疲れた身体を奮い立たせ、ただただ閉会式を待ちました。

終わったあと、放心状態で思ったこと、
「これを、あと5回…」

気が遠くなりました。

わたしは、この頃に、
いい意味でも、悪い意味でも
たくさんの『想い』を残してきています。

写真に残る、長男の笑顔を、
果たして、わたしは自分の目で見ていたか自信がありません。

後悔や無念とも向き合いながら
【ハタアル】最初の1ページを綴りました。

それから、5歳、4歳と進め、3年分が完成していますが、
今も、この6歳のページを開くたびに、締め付けられる思いがします。

もう少し時間がかかりそうですが、

【ハタアル】をキッカケに始めた写真整理とともに、
わたしの『想い』も整理していこうと思っています。

次回の【ハタアル】は、6月19日金曜日です。

次は、3歳の年を作成予定。
かわいい盛りだなぁ。


【ハタアル】メンバー

キオク ヲ キロク yu-kiちゃん
totonoe+ 冨田真紀ちゃん

(Visited 11 times, 1 visits today)