写真の整理

一年に一枚。二十歳(ハタチ)に贈るアルバムの会。2016.5.17編

hataaru dai

 

昨年から参加している

一年に一枚。二十歳(ハタチ)に贈るアルバムの会。
略して【ハタアル】

先日、開催され参加してきました。

 

 

今回は、長男が3歳の時代を綴りました。

3歳という年頃は、そりゃあもう
かわいくて。。。

自然とほころぶ顔とともに

シアワセな時間だったことを
今になって知ります。

 

3sai

 

今のわが家には、この

ちっちゃい背中も
プニプニ手足も
舌ったらずなオシャベリも

無くなってしまったけれど

 

そんな時代があったコト。
母という立場を楽しませてもらってきたコト。

その事実が、間違いなくあるのを

 

思い出す機会となっています。

 

 

その反面

近い目線で過ごす楽しさや
再びふえた、わたし時間。
ニガテだった運動会観戦からの解放。笑

そんなノビノビしている今も事実で

 

その時代、時代の
シアワセのカタチがあるんだなぁ
と思う、この頃です。

 

3sai 1

 

普段は、写真の整理には
なかなか手が伸びません。

やらなきゃ、やらなきゃ
と思いつつ、放ったらかし…

 

でも、ハタアルに参加するようになって
ルールができました。

「ハタアル開催前に画像データや写真を整理する」

  

ハタアルで使う写真選びが
自然と「整理する行為」になっていて…

 

だったら、そう決めよう!

普段は、写真整理は一切しない

そのかわり、ハタアル開催前だけ
写真選びの延長で、少しだけ整理を加える

 

この方法で
数年分の整理が終わりました。

 

 

写真整理って、正直[気が重い]です。

過ぎ去った時間と想いを
再び呼び起こすのですから。

そりゃあ、ズッシリ。

 

でも、今の自分を応援してくれたり
未来の選択肢を増やしてくれることが

ある気がするんです。

 

じゃあ
[気が重い]→【気が進む】
に変換しちゃえ!

 

わたしの場合

ハタアルという場と
一緒に進める仲間の存在が

写真整理を【気が進む】に変換してくれました。

 

一人じゃないって、大きいです。

 

 

さて
あなたの[気が重い]コトはなんですか?

まずは、コトバにしてみませんか。

思いがけない【気が進む】への変換が
起こるカモしれません。

そんな場として
ぜひ、カタシカタをご活用くださいね。

 

 

 

お知らせ

 

 ■■□ ただいま募集中 □■■

ヨークカルチャーセンター琴似
[我が家を格上げするお片付け 片付け苦手克服講座]

【説明会】
2016年5月30日(月)

【開催日】
2016年6月6日(月)~第1・第3月曜日
全5回

【お申し込み・お問い合わせ】
ヨークカルチャーセンター琴似

 

二部構成のカタシカタ企画(第3回目)

第1部[片付け井戸端会議リフォーム]
2016年6月17日(金)開催

第2部[くらお宅収納見学会]
2016年7月7日(木)開催

【お申し込み・お問い合わせ】
コンタクトフォーム

 

お急ぎの方は
個別の相談もお受けしておりますので
お問い合わせください。

 


 

ハタアルは、ナカバヤシの「アルバムコンテスト」で優秀賞を頂いています。

 


 

【ハタアル】メンバー

キオク ヲ キロク yu-kiさん
totonoe+ 冨田真紀さん

 

 

 


2016-05-25 | Posted in 写真の整理, BlogNo Comments » 

 

[一年に一枚。二十歳(ハタチ)に贈るアルバムの会。]開催レポート 2015.5.28編

 

undoukaidaidai

2015年5月28日(木)、厚別区のすまいポート21にて、

一年に一枚。二十歳(ハタチ)に贈るアルバムの会。
略して【ハタアル】

が開催されました。

今回で5回目となる【ハタアル】。

写真というモノを綴っているのではなく、
わたしの『想い』を綴っている。

そう確認する回となりました。

【ハタアル】では、「子どもが何歳のときから始めるか」は自由。
直近から始めても良し、産まれた歳から始めても良し。

わたしは、満11歳の長男のアルバムを作成中なのですが、

スタートに選んだのは、6歳の小学校入学の年。
選んだ写真は、運動会でした。

写真自体は、ほかのお子さんも写っていて、
これじゃなくても?な写真です。

でも、わたしの『想い』が、これを選びました。

hataaru1syou

長男は、過ぎるくらい、とっても元気boyでした。

スーパーで、見知らぬ女性に「大変そうね~」と声をかけられたり、
地下鉄で、同じ電車に乗り合わせた男性に「危ないだろう」と怒鳴られたり、
民間の保育園で、退園を促され、市立の保育園に転園したり、

エピソード満載な未就学時代を送りました。
その彼が、小学校という社会へ。
それは、それは、心配で、心配で…
母であるわたしが。

少しでも理解を得られる環境を作っておこうと
必死に動きました。

入学前から、気忙しく過ごし、
いよいよ迎えた入学式。

と同時に、
わたし自身が人事異動で、新しい環境に身を置くことに。

長男と自分と、各々が新しい環境。
運動会を迎えるまでの間で、もうヘトヘトになっていました。

運動会当日は、日差しが強い日で、一日が長く長く感じました。
疲れた身体を奮い立たせ、ただただ閉会式を待ちました。

終わったあと、放心状態で思ったこと、
「これを、あと5回…」

気が遠くなりました。

わたしは、この頃に、
いい意味でも、悪い意味でも
たくさんの『想い』を残してきています。

写真に残る、長男の笑顔を、
果たして、わたしは自分の目で見ていたか自信がありません。

後悔や無念とも向き合いながら
【ハタアル】最初の1ページを綴りました。

それから、5歳、4歳と進め、3年分が完成していますが、
今も、この6歳のページを開くたびに、締め付けられる思いがします。

もう少し時間がかかりそうですが、

【ハタアル】をキッカケに始めた写真整理とともに、
わたしの『想い』も整理していこうと思っています。

次回の【ハタアル】は、6月19日金曜日です。

次は、3歳の年を作成予定。
かわいい盛りだなぁ。


【ハタアル】メンバー

キオク ヲ キロク yu-kiちゃん
totonoe+ 冨田真紀ちゃん


 

[一年に一枚。二十歳(ハタチ)に贈るアルバムの会。]開催のお知らせ①

hataaru2

一年に一枚。二十歳(ハタチ)に贈るアルバムの会。略して「ハタアル」は、
一年ごとに一枚の写真と、想いを文字で綴ったアルバム。 我が子が二十歳(ハタチ)を迎えた時に二十年分の想い出と愛情を添えて、アルバムを贈ろう。という会。

写真整理の一貫としても活動している「ハタアル」へのお誘いです。


一年に一枚。二十歳(ハタチ)に贈るアルバムの会。
☆日時:2015年5月28日(木)10:30~12:30  終了しました。
☆会場:すまいポート21札幌東 札幌市厚別区中央2条1丁目2-20(地下鉄大谷地駅4番出口から徒歩5分)駐車場有
☆参加料:500円
☆持ち物:写真(お子さんの年齢毎の写真)・アルバム(20ページあるもの) アルバムが必要な方は、事前に申込下さい。無印のアルバム2種類から選択できます(有料) その他、必要な材料はこちらで用意しています。
☆申込:申込フォームhttp://ws.formzu.net/fgen/S68940740/


お子さんの写真、どのように整理していますか?
わたしは、撮りっぱなし… じつは、この会に出会うまでは、このまま放っておく気満々でした。
思い出より、目の前の生活。現実派です。

hataaru3

「一年に一枚だけを綴る。ちょこっとの言葉を添えて。」
え、え、このくらいなら、ズボラなわたしでも、できるかも!?
しかも、たくさんの写真を整理するより、深い気持ちを残せそう!
なにこの、量より質な感じ!

と、こころ踊る感覚で、始めたのでした。

二十歳まで。と時間がある。
一緒につくる仲間がいる。
なんか、できそうな気がしませんか?

キオクヲキロク yu-kiちゃん
totonoe+ 冨田真紀ちゃん
とともに活動しています。

当日、三人でお待ちしています。
※ この「ハタアル」ナカバヤシの「アルバムコンテスト」で優秀賞を頂いています!

 


 

2 / 212