参加者様の声

[片付け井戸端会議]参加者さまの声③

kuri-na- dai

 

1月28日に開催する[片付け井戸端会議]は

受付開始5日で定員に達しました。
ありがとうございます。

 

お申し込みくださった皆さまは

それぞれが
「片付けたい」
という強い意思を持って

お申し込みいただいております。

 

そんな同じ気持ちのメンバーが集ったら…

変わらない訳がない!

 

お帰りになるときには

心ここにあらず。

ひこうき雲を描く背中を
見送っております。

 

今回も、その瞬間を拝見できるのが
今から楽しみです。

 

 

そんな皆さまへ

このたび、『カタシカタ』から
お土産を準備いたしました。

kuri-na- 2
『カタシカタ』オリジナル
携帯クリーナー

 

これでケータイ画面をフキフキ。

しながら
「あっ、お片づけしよっ」って
思いたっていただけたら幸いです。

 

これまでに、ご参加いただいた方にも差し上げます。
ご希望の方は、ご一報くださいね。

 

 

さてさて
これまでに開催した[片付け井戸端会議]

参加者様からは
たくさんのご感想やご報告をいただいております。

 

やはり一番多いのは
「早速○○を片付けました!」

 

やろう、やろうと思いながらも
なかなか腰は重いもの。

えいっ。とパワーを発揮された、おひとり
ご紹介させていただきます。
※ ブログ掲載の承諾をいただいております。
Dさん、ありがとうございます。

 

【Aさんの場合】はこちら
【Bさん・Cさんの場合】はこちら

——————–
【Dさんの場合】

コマッタ:

① クローゼットに何でも突っ込んでいて、何とかしたい。
② 夫が箱モノを捨てない。

 

片付けのご報告:

① 帰宅後、クローゼットにある段ボール、一箱丸ごと片付けました
引っ越してきてから、そのままになっていたものです。

② 自分の片付けをしていたら、夫のモノを、どうにかしようとしなくなりました
それより、まずは自分のものを片付けよう
将来的には、片付けてもらいたいですが、 長い目で、切り口をかえながらアプローチしていこうと思っています。

 

このほかにも
油断するとすぐ増える、プリント類。

不定期ではありますが
見直す時間を作って
増やさない日々を送っています。
——————–

 

気がかりなオモイが、ひとつ片付き、
気がかりだったカタチは、ほうぼうに溶け込む。

 

この開放感は
言葉で伝えても
ピンと来ないかもしれません。

でも体感してみると
スポーツの汗のうように
サラッと爽快。

真に、ここち良し。
なのです。

 

爽快を味わいながら

実はこっそり
「片付け力」
も鍛えています。

 

納得しないと動けないこと、多いです。
でも、動いたてみたら、納得しちゃう。

そうしたら、次は
納得のうえ、動けるようになりますよね。

 

だから、最初の一歩目は
納得しなくても動こうぜぃ!

『カタシカタ』が
最初の納得を、引き出します。

 

言葉でピンと来ないことは
とにかく体感してみましょう!

 

2月からは
[片付け井戸端会議リフォーム]
[くらお宅収納見学会]
と、グレードアップして開催していきます。

あなたが、片したくなる日を
楽しみにお待ちくださいね。

 

次回からの
[片付け井戸端会議]
についてお知らせ。


2月から
[片付け井戸端会議リフォーム]
[くらお宅収納見学会]
の二部構成で、開催いたします。

初回の[片付け井戸端会議リフォーム]を
2月19日
に予定しております。

詳細・受付開始は
2月初旬に、ブログでお知らせしますので
少しお待ちくださいね。

 

先行案内を希望される方は
コンタクトフォームより、お申し付けください。

 

お急ぎの方は
個別の相談もお受けしておりますので
お問い合わせください。

 

 

オリジナル携帯クリーナーを携えて
お待ちしております。

kuri-na- 3

 

 


2016-01-22 | Posted in 参加者様の声, BlogNo Comments » 

 

[片付け井戸端会議]参加者さまの声②

bo-do dai

 

毎月開催している[片付け井戸端会議]

 

開催したら、終わりではありません。

開催直後から7日間
『e片付け井戸端会議』が間髪入れずスタートします。
スパルタ!?です

アレを捨てた。
コレを整トンした。
ソレを片付けた。
今日は休憩した。

さまざまなやり取りが飛び交っています。

自転車をこぎ出すときには、ちょっぴり力が必要です。
この7日間は、自転車のペダルを、エイっ!と踏み込む期間となっています。

中には、自転車にマタがることから始まる方もいますが
皆んなでパワーを分け合って、スタートラインについています。

そして、各々がスタートラインを出発して行き、その後姿を見送っています。

 

さらに…まだ終わりません。

『e片付け井戸端会議OB会』として
まだまだ、まとわり付きます。
けっこうシツコイです 笑

この シツコさのせい!? で
皆さん、いろいろ結果を出しちゃっているんです!

 

これまで[片付け井戸端会議]
8回開催しました。

参加者の方々から、ご報告いたたいている経過・結果など
ブログの掲載に快く承諾いただいたので、今後、少しずつ紹介していこうと思います。

 

以前に掲載した【Aさんの場合】はこちら


【Bさんの場合】

コマッタ:
洗面台の下が、ごちゃごちゃしている。

『e片付け井戸端会議』期間の報告:
洗面台下、片付けました。試供品のシャンプーやら、減らしました。

そして、ご自身のブログにも、参加レポをアップしてくれました。
以下、Bさんブログから引用

———-
早速家に帰って、お片づけしたことは言うまでもありません!

そして井戸端会議は終わったら終わりじゃなくて、 その後約一週間、グループフォローがあるのですよ!
ラインにて、くらおちゃんを始め一緒に参加した方々とその後のお片づけ具合を シェアできるのですよ!
私は開かずの間になっていた洗面台下のお片づけに着手。
見て見ぬふりしていたので、気付いたら試供品のシャンプーやら、使っていない洗剤等が あふれかえっていましたよ(^_^;)
それを一つ一つ無理のない程度にお片づけして、 今日はこれを頑張りました!ってグループで報告するの。
これが私には大きな助けになりました~
いつもなら継続できないまま三日坊主で終わるのだけど、 くらおちゃんや参加者の方から励まされて、頑張ろうと続けられたの!
おかげで洗面台下はスッキリ綺麗になりました。

ブログ全文
———-

Bさんには、写真も たっくさん撮ってもらいました。
Bさん、ありがとう!

 

【Cさんの場合】

コマッタ:
① キッチンをもう少し使いやすくしたい。
② 夫が捨てられない人。転勤に備えて、カラ段ボールを保管している。
③ モノで溢れている物置部屋を何とかしたい。

『e片付け井戸端会議』期間(リピート参加もしてくれています)の報告:
① キッチンを片付けました。色々捨ててモノを減らしたら、掃除もマメにするようになりました。
レンジ台の下、扉を外して棚の外に直置きしていたホームベーカリーを収めました。

 

yuki tana bifo

そして4ヶ月後 (リピートで参加してくれての報告)
ボックスを買ってきて、さらに整トンしたそうです。

yuki tana afuta

② 前回の井戸端で、転勤族仲間の方から
「段ボールは引越業者さんが提供してくれるから、備えておかなくても大丈夫では?」
というお話しがありました。

それをご主人に話したところ、納得してくれて、カラ段ボールの処分に成功しました。

③ リピート参加後の『e片付け井戸端会議』期間から、物置部屋に着手しました。最初は紙類の山から

 

yuki storui

この整理を現在進行形とのことです。

 


参加者の方々は、自転車をこぎ出したあとは、各々のスピードで進んでいます。
休憩を挟みながら、各々のペースで。

わたしも「安全運転で行きましょうね~」と声をかけながら、皆さんと一緒に進んでいます。

 

参加者の方々は、ステキな方たちですが
特別にスゴイ人!ではないと思います。
怒られちゃうかなぁ?

皆さんと同じ、少し片付けにコマッタを抱えている方たちです。
わたしたちと一緒なら、皆さんも進めます!

まずは、わたしが、スタートラインにお連れします!
[片付け井戸端会議]でお待ちしています。

 

次回は、10月18日(日)開催です。
あと3席、ご用意あります。

 

 

Bさん、Cさん。
嬉しいご報告を、そして掲載の承諾を、
ありがとうございました!

次は、Dさん、Eさんが登場…報告はまだまだ続きます。


 

[片付け井戸端会議]参加者さまの声①

昨年(2014年)に開催しました
[片付け井戸端会議]の参加者さま、Aさんのお声をご紹介します。
(ブログ掲載の了承をいただいております。Aさんありがとうございます。)

[片付け井戸端会議]は、くらお宅で開催しており
「キッチン収納」を見学していただいてます。

 

Aさんの目に留まったのは「紙袋の収納」。
blog002-01

 

Aさん 「紙袋これだけですか?」

くらお 「片付ける前は、これの5倍くらいありました。」
「今は、『ここに入る分だけ』『使う予定のあるモノだけ』と決めたので、使って減らない限り、新たに増やしません。どうしても気に入ったモノを保管したい場合には、今ある中から減らして、プラスマイナスをゼロにしています。」

そして後日、Aさんから以下のご報告が届きました。

———————————-
捨てられず溜め込んだ『いつか使うはずのもったいない』ものたち↓

blog002-02

ひどすぎる… さすがに使い切れない…
そんなに人に物を渡す機会があるのか??

ということで…

blog002-03

なんとかここまで減らせましたー 。・゜・(ノД`)・゜・。

くらおちゃんが言っていた『いつ使う?』がかなり決め手になりました!!
可愛いからと言ってはとっておきましたが…
こんなにいっぱい、いつ使うんだーー!!って感じです(-。-;
くらおちゃん、ありがう〜
———————————-

Aさん、こちらこそ
嬉しいご報告を、ありがとうございます!

 

たかが紙袋、されど紙袋
1枚1枚は、たためば薄くなりますが
枚数が増えると、かさばりますよね。

自分の目が届く『定員』を決めると
紙袋の暴走はおきません!

 

そして『いつ使う?』

なんとなく保管しているモノの出番
すぐに答えられますか?

こう自問することで
手放せるモノは格段に増えます!

実は、Aさんの娘さん(未就学)も
この質問で、手放せたモノがあったんです。

ご自身、お子さんに
『いつ使う?』
ぜひ試してみてください。