Blog

自分の得意と苦手を知って片付ける方法 - 個人懇談[わたし流さがし]

 

カタシカタでは
自分の得意と苦手(特性)を知り、片付ける方法を考える

カタシカタの個人懇談
[わたし流さがし]

を行っております。

 

[エニアグラム]という人間学の理論を活用し
おひとり、おひとりに合った、片付けへの動機づけをいたします。

エニアグラムとは(公理)
「人間には9種類の本質があり、すべての人間は、そのうちの1つを持って生まれてくる」
9つの性格(2004年、鈴木秀子著)p30より引用

 

□ 整理整頓が苦手
□ 片付けようと思いながら、先送りにしてしまう。
□ 収納用品を買っても使いこなせていない。
□ 家族が散らかす。
□ 自分には、どんな片付けカタが良いか知りたい。

そんな方のお手伝いをいたしたく
個人懇談 [わたし流さがし]を行っております。

 

kkurao

 

 

内容

特性別の片付ける方法を考える

『気質(こころの体質)診断』を基に
自分の得意と苦手(特性)を把握し、無理なく片付ける方法を考えます。
※[エニアグラム]を基にオリジナルの構成となっております。

「完璧さん」「楽天家さん」など、 9つのタイプから自分を探ります。

無意識のうちに突き動かされる言葉は、タイプによって違います。
漠然と感じていた得意と苦手。
気質(こころの体質)をハッキリと意識に上げるだけで、行動が変わります。

マニュアルなどをマネて挫折することは無くなるでしょう。


最大2人まで

自分自身をじっくり探っていただくため
最大2人までといたします。

・1人で受けたい。
・一緒に受ける人がいてほしい。
・どちらでもOK

上記、参加しやすい方法をご選択いただきます。


日程は調整して決めます

生活スタイルに合わせて、調整いたします。
平日でも、土日でも対応いたします。


特典

オリジナルケータイクリーナーを差し上げます。

 

 

懇談の詳細

【受付期間】

2017年4月17日(月)から
2018年1月末日まで
※毎月末〆翌月以降に懇談

【懇談期間】

2017年5月17日(水)から
2018年2月末日まで

【日時】

日程調整により決定します。
所要時間は、2時間です。

【場所】

札幌市内のカフェ

【料金】

4,000円 → 期間中、下記に据置き

8月までは、 早期のお申込みに感謝し
① 1人を希望される方 2,500円
② 2人でもOKという方 2,000円
といたします。
ただし、ご自身の飲み物代は、ご負担願います。


【募集人数】

毎月4人まで

<9月> あと2人可(土日2人)
<10月> あと3人可(平日1人・土日2人)

 

【お問い合わせ・お申込み】

コンタクトフォームLINE@のトーク 

genkan

 

わたし流を探しだし
ワンランク上のわが家を目指しましょう!

あなたには、あなただけの片付け方を。

 


【参考】
あなたには、あなただけの片付け方を。[わたし流]誕生物語

3回連続講座[わたし流の片しカタを見つけよう!]

第1回目開催レポート
第2回目開催レポート
第3回目開催レポート

 

 

 


 

モノを捨てる決心 ー 自分の手で責任を持って。

 

 

片付ける際に生じる
『モノを捨てる』という場面。

捨てようかと思いつつ
なかなか決心がつかない

そういうこと、ありますよね…

 

 

捨てることへの罪悪感


なかなか決心がつかない
これには、ちゃんと理由がありますよね。

□ まだ使えそう
□ できれば使いたい
□ いつか使えるかも
□ 高かったから
□ プレゼントだから

これらに共通することは
[モノとして、まだ息をしている]
ということではないでしょうか。

 

例えば
賞味期限が切れた調味料や
カビが生えた洋服などは
残念ですが、もう
[モノとして、息絶えた]
と諦めがつきます。

でも  [まだ息をしている]
そう感じるモノには
身勝手な都合で処分する。

そんな罪悪感があるような気がします

 

 

 

自分の手で責任を持って


前職で、福祉の部署に
配属されたことがありました。

そのときに、経験したのが
亡くなった方のアパートの引き払い。
(特別な事情がある場合のレアケースですが)

 

部屋のモノ全てを処分します。

大事な人に引き継ぎたい、大切なモノも
きっと、あったと思います。

でも、そんなことは考慮されることなく一括処分です。
他人の手で、事務的に

仕事とは言え
とても空しい業務でした。

 

 

カタチあるモノは
いつか、誰かの手で
処分するときが来ます。

誰かに譲ったとしても
その日は迎えるでしょう。

 

それならば
自分の手で責任を持って

『モノを捨てたい』

自分の意思で持っていたんです。

手に入れ、喜んだ瞬間があって
使って、役立った頃があったんです。

 

もちろん抵抗はあります。
[モノとして、まだ息をしている]
のですから。

でも、だからこそ
無関心に放置するのではなく
息絶えるのを待つのではなく
誰かに処分を委ねるのではなく

今までの感謝の気持ちを添えて
自分の手で『捨てる』

 

 

 

「手放す」から
『捨てる』に


これまでは 「手放す」
という言葉を使ってきました。

でもそれは
罪悪感から逃げている
象徴だった気がします。

だからか「手放す」ことに
苦戦する場面が多かったです。

 

自分の手で責任を持って
『捨てる』
そう決心してからは

魔法にかかったように
さくさく「手放す」ようにな
ったんです。

 

 

トキを過ごした
愛おしいモノたち。
その役目を終えたとき

放置しておきますか?

誰かの手に処分を委ねますか?

それとも、決心して
自分の手で捨てますか?

 


□□ タイムラインに、ブログ更新情報を投稿しています。
□□ お問合せも、トークからスムーズに行えます。

【友だち追加URL】
https://line.me/R/ti/p/%40ooj2764n

【友だち追加ボタン】

友だち追加


LINEコミュニティ
[カタシカタの井戸端会議室]

こちらのご参加も、ぜひぜひ♪

 

banner-contact_03

 

 

 


 

第3回目開催レポート 3回連続講座[わたし流の片しカタを見つけよう!] わたし流の完成!!

 

 

第3回目開催[わたし流の片しカタを見つけよう!]


第3回目は
——————–
整理のコツ・収納のコツ・続けるコツ
コツも 特性でチョイス。わたし流の完成!
——————–

モノの選別のシカタ
モノの収めカタ
片付けの動機づけ

各々いろいろとコツはありますが
どんなコツなら
わたしは取り入れやすいのか。

最終回の3回目は
コツ選びをしました。

そして、雑然とする理由は
モノの量だけが原因とは限りません。
違う要因も考えながら
スッキリした空間へのヒントをお届けしました。

 

 

そして、わたし流が完成!


2回目で行った診断結果より
「この方法は、わたしに合っているカモ」
を、3回目開催前までに実践いただいたところ…

ある方は
仕事が繁忙だったにも関わらず
洋服など、2箱分を手放した!
そうです。

ご自身でも驚かれていましたが
まさに[わたし流」効果です。

この方は、この3回目で
収納の[わたし流」
続ける[わたし流」
も見つけられ

[わたし流」がバッチリ完成しました!!

 

あなたには、あなただけの片付け方を。
全3回を通してお伝えいたしました。

 


最後はランチで打ち上げました♪

 

 

アンケートにご協力いただきました


受講前後の気持ちの変化

[ビフォー]
片付け方がよく分からず、そのままにしていた。
[アフター]
自分流のやり方が分かった。気がラクになった。


[ビフォー]
片付けは、断捨離の本を読んだりして気持ちが盛り上がったときに不定期にやっていた。
[アフター]
朝活夜活の事を教えていただき、始めてみたら気持ちもスッキリし充実感も得られた。
現在も無理なく楽しく続いている。


[ビフォー]
一人ではなかなか進まない。
[アフター]
たまに講座などに出て、みんなの刺激を受けると、またやろう!という気になれた。

 

受講して得た気づき・感想など

ほかの方とシェアすることによって、色々な方の片付け箇所が分かり発見になった。


くつろいだ雰囲気の中、お話もわかりやすくてとても良かったです。
初対面の方ともすぐ打ち解けて楽しい時間が過ごせました。


ひとそれぞれの生活リズムがあるので、それぞれの問題点があるんだということ

 

アンケートにご協力くださった方
ありがとうございました!
※アンケートのご協力も、掲載も、ご了承くださる方のみとなっております。

 

受講を検討くださっている方の
参考になりましたら幸いです!

mina1-1

 

今後の予告


次回の講座については
少し間隔を置き、内容を熟成させてから
開催する予定です。

その間、[わたし流]を見つけたい!
という方へ向けた
個別相談の機会を設けようと思っています。

詳細は、改めてブログで案内いたします。

先にLINE@で案内をいたしますので
ご興味ありましたら…
「お友だちからお願いします!」
ねるとん世代です。笑

 

【友だち追加URL】
https://line.me/R/ti/p/%40ooj2764n

【友だち追加ボタン】

友だち追加


LINEコミュニティ
[カタシカタの井戸端会議室]

こちらのご参加も、ぜひぜひ♪