Blog

クローゼットの整理 ~洋服を買い取ってもらいました~

risaikuru

先日、道外から出張買取に来た
リサイクルの業者さんに、
洋服とバックを買い取ってもらいました。

クローゼットにあった
コート・スーツ・ワンピースなど、
ビニールバック2袋分が、現金となりました。

 

最近、肥えぎみだったクローゼット。
いっとき、それなりに整理をしたのですが、
じわじわと増えてきています。

ここの整理が、一番、
頭を悩ます。心を痛める。

それが分かっているので、
ついつい、見て見ぬ振り…

 

そんなとき、
洋服など、モノの循環を上手にさせている
友達から、情報が。

道外から、年に二回、出張買取に来る
リサイクルの業者さんがある。
割りと高値で買取ってくれるから、
何度か利用していて、
今年もそろそろ来る時期だと。

詳しく話しを聞くと、
その友達は、洋服やバックなどは、
古着屋さんだったり、オークションだったり、
売って手放すようにしているとのこと。

そんな自らの経験から、
その業者さんの買取額が高値であることは、
実証済み!とのことなのです。

 

それならば!
見て見ぬ振りをしてきたクローゼット。
ダイエットさせようと重い腰を上げたのです。

でも…
いざ、クローゼットの前に行くと、
なかなか判断がつかず…

一旦は、手放そうと手をかけ、まだ戻す。
そして、眺めて迷う。

結局、当日の朝、勢い半分で決断。

 

そして、いざ会場へ。

 

まずは友達が。
ハイブランド品は、
前回、手放しているとのことで、 今回は、
カジュアルブランド品+量販店品
を混ぜての査定。

比較的、新しいデザインが多く
「そんなに高いモノはないですね」
と言われながらの高査定。

本人、納得の金額で、
全て買取ってもらっていました。

 

次に、わたしが。
むかーし、むかしの
ハイブランド品+カジュアルブランド品

やはり「古い」とのことで、
まあまあの査定額。
まぁこんなもんカナと買取ってもらいました。

 

ただ一点、持ち帰りました。

bakku

マイナーなブランドだと思うのですが、
お値段は、今回持ち込んだ品の中で、
ダントツ高かったモノ。

ですが、ほとんど値段が付きませんでした。

個性的なデザインなので、オークションで
濃いファンに見つけてもらえれば、
高く売れるのでは。
とのアドバイスをもらいました。

やはり、メジャーなブランドで、
流行り廃りのない定番商品が強いそう。

 

ずーーーっと手放せず、持ち続けていた
「高かったバック」
「痩せていたから似合っていたワンピース」
「仕事が充実していた頃のスーツ」

ただただ、クローゼットで眠らせていた、
過去の栄光たち。

やっと手放す覚悟が出来たときには、
価値がない。 減価償却済みでした。

わたしにとって、価値があると思っていた。
はずなのに、
世間からは、価値がないと突きつけられる。

一体、何を大事にしてきたのか、
分からなくなりました。

時代遅れな、過去の栄光を身につけて、
満足してきた。
それだけのこと、なんだ。

 

今回のことで、何かが吹っ切れた感覚です。

おかげで、肥えたクローゼットは、
これからダイエットが進みそうです。
頭を悩ます。心を痛める。
そんなことも少なくなりそうです。

そして、
モノが減って、お金が増えた!
シンプルに、嬉しい!!

半年後、
また「過去の栄光」をお金に変えてもらおう!


ただいま
7月7日開催の片付け井戸端会議
参加者さまを募集中です。

何かが吹っ切れた!?
そんな、わたしに会いに来てくださいね!

 

 


2015-06-26 | Posted in BlogNo Comments » 

 

くらお宅のビフォーアフター PCスペース編①

pcdai dai

 

現在、片付け進行中のPC(パソコン)スペースを紹介します。

 

before

pcdai bifo

プリンター置場に悩んでいました。

最初は既製のモノで、プリンター台を探していましたが、
どれも、帯に短しタスキに長しで、購入には至らず。

とりあえずで置いた簡易ボックスの上に、もう2年。

カラーボックスを、ちょこっと改造して、手作りしてみようかなぁ。
と考るだけはしていました。

 

 

after

pcdai afuta

このたび、DIYにチャレンジしました。

カラーボックスを、ちょこっと改造でさえ、
なかなか踏み出せないでいた中、

DIYがお得意の、*ナチュナチュ* ちゃんが、
『ワンコーナープラン』
というサービスをやっていることを知り、
迷うことなく、即お願いしたのです。

 

作りたいモノは、
☆ プリンターを置く台。
☆ 用紙も使いやすく収める。
☆ インクのストック、DVD-ROMなど、PC周辺で使うモノなども収める。
☆ 置きたい場所は、デスク下で、高さ制限あり。

 

これらの要望に、*ナチュナチュ* ちゃんのアドバイスも加わって、

要望が全て叶ったうえに
わたしがイメージしていた以上の作品が完成しました。
pcdai afuta 3

 

見た目good!使い勝手good!!

用も無いのに、ちょろちょろと、PCスペースにやって来て、
スタンディングオベーション!

 

視界に入るたび、PC作業をするたび、
モヤモヤしていた場所。

それが、 ニヤニヤする空間となって、鼻歌時間が増えました。

ずーーっと気になってきた
「プリンター台、どうしよう…」
からも解放されて、

二重三重のプラスが、舞い込む結果となりました。

 

月に一回開催している「片付け井戸端会議」でも、お見せしていこうと思います。

次回の「片付け井戸端会議」は、7月7日火曜日です。

お席は、あと一席ありますので、
興味のある方は、ぜひ、いらしてください。


Special Thanks

DIY Guide *ナチュナチュ* ちゃん

 

 

所要時間 5時間
(*ナチュナチュ*ちゃんが、自宅で作業を進めてくれた時間は含みません)

 

1日目 3時間
採寸 → 図案作成 → 木材量の決定 → 材料の購入

saisun

 

(*ナチュナチュ*ちゃんが自宅で 木を切る → ボンドで固定 まで進めてくれる。)

 

2日目 2時間
ネジで固定 → キャスター付け → ペイント

sagyou

 

一晩乾かして、完成!!!

 

pcdai syou

 

 

 


 

片付け井戸端会議レポート 2015.6.9編 (あとがき┃思い出品)

youkoso dai

2015年6月9日(火)あめ
片付け井戸端会議を開催しました。
5人の方がお越しくださり、片付けをテーマに、楽しくおしゃべりしました。

「子どもたちの作品は捨てたくない。でも溢れてきていて、どうしよう」
「主人が、モノを溜め込む。自宅で収まらないモノは、実家に流れていくほど」
「常にモノを探している。カギやケータイが行方不明になる」
「クローゼットに何でも押し込んでいる。とりあえず突っ込んだままで、見た目も使い勝手も悪い」
「ある一箇所に何でも置いてしまい、そこがモノだらけになってしまう。片付けても、またモノだらけ。の繰り返し」

共感し合ったり、アドバイスをし合ったり、まさに井戸端会議。
頭では分かっているのに、やれないこと、やらないこと。

意識の高い方たちばかりだったので、
ちょっとした習慣を変えたり、
ちょっとだけ凝り固まった思考に気が付くだけで、
スムーズになることが、増えそうな印象でした。

今回の5人の共通点は、転勤のあるご家庭。

次の引越しを意識して、
ダンボールなどの箱モノを、手放せない夫たち。
などの話題で、盛り上がりました。

そして[キッチン収納見学]

supaisu syou

今回は、真ん中の白い『スパイスボトル』に好反応をいただきました。

スパイスボトルって、
円柱のモノが多くて、四角いのって、なかなか売っていないですよね。

円に比べて、四角って、ほんと無駄なスペースが出ないです。
スペースが、今までの半分で済みます。

いっきに、収納名人!になった気分になれますよ。

サラサ『スパイスボトル b2c 』という商品。
ネットで購入できます。

皆さまから、ご感想をいただいたので、紹介します。

 参加前と後の気持ち


前)どこから片付ければ良いのか分からなかった。
後)1日1つ捨てることから始めようと思います。

前)どうやって(何から)片付けていったら良いか分からなかった。
後)小さい所から、少しずつ、今日はここだけと決めて、片付けると、私にもできるかも…と思った。

前)どうしよう。
後)1つずつ、毎日やってみようと思う。

本当に思い出となるものが分からない。どこまでを切り捨てればよいか悩む。

前)片付け→ちらかる→片付け…の繰り返し。本当にリバウンドしない片付けができるようになるのかしら…
後)少しずつ、できることから…と前向きな気持ちに!!
kurao家のように快適に暮らしたいです。


 ここがいまいちだった主催者への要望


時間がもう少し欲しかったです。

よく話しを聞いていただけてよかったです。今の自分と未来をつなげていけたらと思いました。

 片付け井戸端会議の参加を、検討中の片付け苦手さんへ。アドバイス!


頑張らずに、できるところからスタートしたら、できるかも…

お茶を飲みながら、何人かのかたと、お片づけの悩みあるある!!をお話しできて、楽しかったです。
お片付けのヒントも沢山!

 感想など


収納が見学できて参考になりました。
とても使いやすそうなキッチンでした。
我が家はスペースがあれば、みちみちに隙間なく入れているけど、たくさん入れすぎているせいで、使いにくくなっているのだと気づかされました。

みんなの話しを聞いて、自分では気づかなかった視点からの意見が聞けて、とても良かった。

やることが明確になった。ほかの人の話しも聞けて良かった。

それぞれ、ほかの方の悩みを聞き、自分を振り返ることができて良かった。

キッチン収納を実際に見せていただき感動!!
キレイなだけでなく、家事動線も考えられていて、生活の質が向上しそうですね!!

ご参加くださった皆さま、本当にありがとうございました。


あとがき

今回、『思い出品』について、話した時間が多くなりました。

過去のモノに費やす時間と労力、そして未来に対する不安。
では、今は?

かつて、読んでいない新聞を、古紙回収に出せなかった、わたし。
週末に、まとめ読みする計画は、半分も実行されず。

これから、読むつもりの新聞の収納に、悪戦苦闘していました。
なんせ、山どころではなく、山脈になっていましたから。
まさに、過去の情報に費やす時間と労力。

過去記事の話題になったとき、読んでいなくても、引っ張り出して読めるように。
その話題が、もし、お悔やみ欄のことだったとしても、紙面さえあれば安心だから。
まさに、未来の不安を埋める行為。

今、振り返ると、笑えます。でも、一生懸命でした。

では、今は?

大量の古紙から開放され、
新聞、読まなくちゃ。の強迫観念から開放され、

今日は読まなかったなぁ。で終われる、お気楽な日々です。

過去のために、時間を奪われなくなり、
心配していた未来など、来なかった現実の中にいます。

今は、今のわたしに、自己満足中です。

ちなみに、これを気がつかせてくれたのは、この方

「新聞って、読まなきゃダメ?」
って、とっても不思議そうに。

「新聞は、読まなきゃダメ
……………ではないの…!?!?!?」

日本語以外の言語で、質問されたかと思うくらい、
一瞬、飲み込めなくて、
死ぬほど仰天したことを、忘れられません。

『思い出品』を大事にされている方に、

「思い出品って、とっておかないとダメ?」
って聞いたら、怒られちゃうのかな?

「思い出品は、とっておかないとダメだろう!」
と、すでに、我が夫の声が聞こえてきます…

少しずつ、今に気持ちを向けていたら、
何か違う選択肢が、生まれてくるのかもしれないですね。