くらおの[ひとり井戸端]

伝え方

 

 

あなたにとっての[近い]って、どのくらいですか?


20代前半の頃に
わき見をしていて
前の車に追突したことがありました。

当時はポケベル時代で
「しもしも~」を
持っている訳もなく
公衆電話を探して走りました。

バクバクしながら、かけた110番

——————–
110番
「場所はどの辺ですか?」
くらお
「〇〇高校の近くです。」
110番
「………
あなたにとっての[近い]って、どのくらいですか?」
——————–

それはそれは
冷たくて、鋭くて…
いい大人のくせに
思わず泣いてしまいました。

「〇〇高校と△△駅の間の~」
と、 必死で伝えました。

 

 

 

公文は遠いから…


それから約20年後

小学校中学年の長男が
「公文は遠いから…」
と言いました。

自宅と公文教室の距離は
約600m。歩いて8分ほど。

最初は、そういうボケなのかと
流して聞いていました

のちに本気で言っていることに
気がつくのでした。

 

簡単に言うと
長男の体感として遠かったらしいんです。

彼の感覚での[近い]は
たぶん
200m前後(徒歩3分程度)

当時、彼の体力年齢が
著しく低かったらしく
公文までの片道8分は
大人が想像する以上に
消耗していたらしいのです。

 

「あなたにとっての[近い]って、どのくらいですか?」

長男にとってのこれを
担任の先生に伝えておかなければ!
 

 

 

 

担任の先生から教わった、伝え方


たとえば、お友達と話すときの距離が近ければ
「腕の長さ分の距離が
ちょうど良いよ」
と言っていただけると、理解できると思います。

「もう少し離れよう」だと
周りが期待する距離とは違う
長男にとっての[もう少し]

極端な距離の取り方をする可能性があるもので。

 

[遠近]のほかにも
[多少][大小][加減]など
長男特有の感覚があることを
担任の先生にお話ししました。

 

それから数か月後に
こんな報告が。

——————–
グループ毎に話し合いをする時間でした。

「他のグループも話し合っているので
グループ内だけに聞こえる[声の大きさ]で話しましょう」
そう全体に伝えました。

でも、くらお君の声は大きくて
グループ内で注意されていたようです。
何度注意しても改めない。
ということで、
話し合いから外されてしまったそうなんです。

それで、くらお君は
泣くのをこらえながら、私のところに来ました。

「みんなが仲間はずれにする」

話しを聞くと、くらお君なりに声は調整していた。
それが分かったので
グループに一緒に戻り、見本を見せました。

『あ~』この声は聞こえる?
クラス全員が「聞こえます!」

『あ~』じゃあ、この声は?
と、少しずつボリュームを下げ
グループ内だけに聞こえる大きさを、 実際の声で示しました。

 

グループのメンバーには
くらお君なりに、改めようと努めていたことを伝えました。

そして、くらお君には
グループで起きていることを
言いに来てくれてありがとう。と伝えました。
——————–

長男の特性を理解したうえで

誰も責めず、裁かず
こんな柔らかい伝え方があることを、 教わりました。

 

 

 

エニアグラム的な見解


9タイプの人がいる。
そう謳っているエニアグラム

たぶん、この先生は
調和や調整がお得意なタイプ
と想像します。

このタイプは
楽天的な長男のタイプと
相性が良いらしいです。
(当時は知りませんでしたが)

学校を休むことが時々あった長男でしたが
この先生が担任になってから
休まなくなりました。

先生との相性も大きかったんだろうと
今になって思うのでした。

 

ちなみに、最近ご結婚された
アンジャ渡部さん・佐々木希さんも
長男・担任の先生と、同じ組み合わせらしいです。

 

片付けも
自分のタイプを知ると、合う方法が見つかります。
家族のタイプも知ると、 声のかけ方が変わります。

まずは
自分のタイプを知ることから、始めてみませんか。

カタシカタの個別相談で
お手伝いしています。

 

ただいま募集中


 

[わたし流の片しカタ]を見つけたい!
という方へ、エニアグラムを活用した
個別相談を行っています。

カタシカタの個人懇談
[わたし流さがし]

 

LINEコミュニティ
[カタシカタの井戸端会議室]

こちらのご参加も、ぜひぜひ♪

 

banner-contact_03

banner-contact_03

 

 

 


 

自分の手で責任を持って。ー モノを捨てる決心 –

 

 

『モノを捨てる』決心


片付ける際に、伴う
『モノを捨てる』という場面。

どちらかと言えば
『モノを捨てた』ら、片付いた
というほうが
体感に近い
でしょうか。

字のごとく
片が付くのでしょうね。

 

『モノを捨てる』

そうしたいけれど
なかなか決心がつかない

そういう場面ありませんか?

 

 

『モノを捨てる』 罪悪感


なかなか決心がつかない
これには、ちゃんと理由がありますよね。

□ まだ使えそう
□ できれば使いたい
□ いつか使えるかも
□ 高かったから
□ プレゼントだから

これらに共通することは
[モノとして、まだ息をしている]
ということではないでしょうか。

 

例えば
賞味期限が切れた調味料や
カビが生えた洋服などは
残念ですが、もう
[モノとして、息絶えた]
と諦めがつきます。

でも  [まだ息をしている]
そう感じるモノには
身勝手な都合で処分する。

そんな罪悪感があるような気がします

 

 

 

自分の手で責任を持って


前職で、福祉の部署に
配属されたことがありました。

そのときに、経験したのが
亡くなった方のアパートの引き払い。
(特別な事情がある場合のレアケースですが)

 

部屋のモノ全てを処分します。

大事な誰かに引き継ぎたい
大切なモノ、きっと
あったと思います。

でも、そういうモノも
そうじゃないモノも
他人の手で、一括
処分です。

もちろん
[モノとして、まだ息をしている]
けれど。

 

 

カタチあるモノは
いつか、誰かの手で
処分するときが来ます。

誰かに譲ったとしても
その日は迎えるでしょう。

 

それならば
自分の手で責任を持って

『モノを捨てたい』

自分の意思で持っていた
モノたちです。

手に入れ、喜んだ瞬間があって
使って、役立った頃があって

 

もちろん抵抗はあります。
[モノとして、まだ息をしている]
のですから。

でも、だからこそ
無関心に放置するのではなく
息絶えるのを待つのではなく
誰かに処分を委ねるのではなく

今までの感謝の気持ちを添えて
自分の手で『捨てる』

 

 

 

「手放す」から
『捨てる』に


これまでは 「手放す」
という言葉を使ってきました。

でもそれは
罪悪感から逃げている
象徴だった気がします。

だからか「手放す」ことに
苦戦する場面が多かったです。

 

自分の手で責任を持って
『捨てる』
そう決心してからは

魔法にかかったように
さくさく「手放す」ようにな
ったんです。

 

この3月から4月にかけても
モノを捨てたり、入れ替えたり
片を付けました。

 

 

トキを過ごした
愛おしいモノたち。

役目を終えているモノを
放置しておきますか?
誰かの手に

処分を委ねますか?

それとも
決心して、
自分の手で
捨てますか?

 


□□ タイムラインに、ブログ更新情報を投稿しています。
□□ お問合せも、トークからスムーズに行えます。

【友だち追加URL】
https://line.me/R/ti/p/%40ooj2764n

【友だち追加ボタン】

友だち追加


LINEコミュニティ
[カタシカタの井戸端会議室]

こちらのご参加も、ぜひぜひ♪

 

banner-contact_03

 

 

 


 

何度思い出しても泣いちゃう、子どものエピソード

 

3年前の出来事なのに


3年前、長男が小学校でみせた行動

担任の先生から聞かされたとき
母であるわたしは、とっても切ない気持ちになりました。

今後も、こんな様子なら切なすぎる…
と、当時お世話になっていた病院の先生に
話しを聞いていただきました。

そこで、もらったコトバに
また涙し…

 

先日、あるキッカケで
このことを思い出したんです。
3年経っても、グッときちゃうんですよね。

これまでも、ときどき思い出すことはあり
そのたびに、グッときて…

そしてやっぱり今回も、グッときて。

 

そうしたら、このタイミングで
あのときの病院の先生から、お電話をいただいたんです!

こころの声、聞こえていました?
ですよね。笑

 

そんなこんなで、なんとなく
この泣いちゃうエピソードを
書き出したくなり

文字にしてみることにしました。

ということで、ここから先は
特に誰の徳にもならない、単なる思い出話しです。笑

 

 

長男が小学校でみせた行動


特定のお友達のいない長男。
お友達同士で、自由に行動するような行事は
1人が多いみたいでした。

が、その行事は
4人1組でグループにならなくてはいけなかったそう。

あの行動は、このグループを決める時間にみせたそうです。

——————–

くらお君は、教室の隅に行って体育座りをし
顔を膝の上に伏せる姿勢でした。

その目の前に、紙切れが置いてありました。
「ぼくをグループに入れてください」

それを見た女の子3人組が
声をかけ、グループに入れてくれました。

——————–

それがイイとか悪いではなく
ただ、こういうことがありました。
という担任の先生からのお話しでした。

 

 

わたしが勝手に切なくて


最近の話しではなかったので
長男本人と、この話題はしませんでした。

でも、切なさが止まらないわたしは
ちょうど機会があったので
お世話になっている病院の先生に話してみました。

そうしたら
「お母さん、それは成功体験ですよ」って…
一瞬、耳を疑いました。

———-

そのとき本人は、とってもとっても不安だったと思います。
不安の表し方は、その子によって、それぞれです。

パニックになって、暴れ出す子
周りのお友達を攻撃してしまう子
泣き出す子

でも、今回のくらお君は
誰に迷惑をかけることなく
グループに入れてもらう、という目的を
静かに達成しました。

こういう方法もある。
という貴重な経験をしたんですよ。

———-

先生の温かい笑顔に潤みながら
わたし自身が、子どもの頃の体験を思い出して
勝手に切なくなっていたんだなぁ、と気がつきました。

 

「くらお君は大丈夫!大丈夫ですよ。お母さん」

大丈夫!と思えていなかったことを自覚でき
それからは、多少のことは、 貴重な経験。
と思えるようになりました。

 

 

 ただいま、どハマり中の『エニアグラム』 


9つの性格タイプがあるという
『エニアグラム』 

わたしのタイプは
感情を揺らすことが大好きらしく
過去の悲しみなども、こうやって思い出すらしい…

とっても納得。笑

 

ちなみに
「アムェリカ、ファーストぅ」
「アムェリカ、ファーストぅ」
と、最近うるさい長男は

褒められると、どこまでも飛んで行くタイプ
みたいなので

「似てる~、本物かと思ったぁ
よっ!アメリカ大統領!!」
と、声をかけるようにしています。

 

ほんとにアメリカに行ったりして。笑

 

 

今は穏やかに


あの頃は、担任の先生からのお話しに
一喜一憂していましたが

今は穏やかに過ごしています。

 

「くらお君は大丈夫!大丈夫ですよ。お母さん」

この呪文、効きました。
そして、今も効いています。

 

 

特に誰の徳にもならない、単なる思い出話しに
お付き合い、ありがとうございました。くらお

 

 


 

1 / 612345...最後 »